芳香剤の染み付いたトイレが使えるようになった





|壁に浸み込んだ芳香剤




4月の下旬、こちら(関西)へ引っ越してきました。借家を見学したのですが、その時トイレの臭い(芳香剤)の確認を忘れていました。わたしは、家族の中でも芳香剤に対する反応が激しいのにトイレでは息ができないのでマスクをしてその上から折りたたんだタオルをマスクの上に当てて何とかトイレを済ませていました。しかし、トイレから出てくると皮膚が一瞬で痒くなり湿疹が出てくるのでめんどうくさいのですが一回一回全身シャワーをしていました。


そんな毎日を過ごしながら何とかならないか考えました。もし、台所で使うホイルがもっと丈夫だったらそれをテープでつないで壁に貼れるのにと。壁に浸みこんだ芳香剤があまりにもひどいので、アルミで封じるしかないと思いました。それでネットで一生懸命探した結果「ありました。」



30Cm×25M値段は700円前後です。50Mだとアマゾンでも購入可能(1000円前後?)

商品名:三菱アルミ「ホイルタフ」
アルミホイル



こちらのアルミを床に広げてテープで長くつないでトイレの壁に貼って行きました。




トイレ



まるで宇宙ステーションのようです。上から垂れている黒い物は、炭シートです。下の奥の段ボールは炭チップが入っています。手前の四角い物は、ダストフリーという空気清浄機です。ここまで万全にしたうえで毎日、手作りの米のとぎ汁発酵液を壁に吹きかけます。本当にさわやかな空気になります。


発酵液は手作りのものがお勧め。ネットで「えひめアイ」を買ったのですが、私には、化学物質のような刺激があって使えませんでした。手作りが一番です。


わたしは、このトイレの壁に浸みこんだ芳香剤のためにまた引っ越したいと思っていましたが。このようにすることで住み続けることができました。トイレを我慢することもないし、トイレにマスクを着けて入る必要もありません。こんなに反応の激しい私が、トイレで深呼吸ができます。ゆっくり落ち着いてトイレに入れることはとても幸せです。


もし、この記事を読んだ方で化学物質過敏症やアレルギーと関係
のない方がいましたら是非、トイレに芳香剤を置かないようにお願いします。切実なお願いです。よろしくお願いします。とくに公共施設でお願いします。






|追加 2012.7




部屋を毎回消毒するというマンションに引っ越しをしました。今回は消毒をしないように頼んで。しかし、入居してしばらく心臓が締め付けられて苦しかったです。今回は実際に、アルミを部屋に貼ってみました。かなり、空気は楽になりました。


両面テープを壁に縦横に貼ってから、アルミを貼っていくときれいに貼れます。画びょうを使ってはいけないとのことで、両面テープを使って貼りました。テープはすぐにはがれます。



貼り方は

両面テープを横に1mぐらい貼っておいて
30cmおきに両面テープを縦に。長さは1mくらいで

そして、ホイルタフを横に貼ります。
そして、ホイルタフの下の部分と壁紙にまたぐように両面テープを横に貼ります。
一枚目のホイルタフに重ねて貼るようにしていきます。するときれいに貼れます。



注意)

アルミがきらきらするので、その上からスミシートを貼ったり、布を貼ったりすると落ち着きます。(布もオーガニックのものがいいですが値段的に高いのでダメだという方は、何度か石鹸で洗ってから使ってください。)




========================================
下にCMが表示されることがありますが、このブログと関係ありません。







スポンサーサイト

  • by スポンサードリンク
  • 2017.04.17 Monday
  • -
  • 14:24
  • -
  • -
  • -
  • -

この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

アナライズ

プロフィール

書いた記事数:243 最後に更新した日:2017/04/05

最近の記事

カテゴリー

archives

カウンター

recent trackback

  • 20年もの間、合成洗剤の危険性を訴え続けた人がいました
    飛んで

ブログ内検索

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM