斑点米、JASマーク




|空中散布が増えるのは




■稲作の分野で無人ヘリによる防除が増えてきている要因


理由は、カメムシによる斑点米の発生を防止するためです。






|斑点米防止理由




■カメムシ類による斑点米の発生を防止しなければならない理由


◇「昭和26年に制定された
農産物検査法」で着色粒(カメムシ斑点米を含む)を1000粒中1粒までと厳しく定められたからです。


◇また、「主要食糧の需給及び価格の安定に関する
法律」にいう計画出荷米として販売する場合は「米穀検査を受けなければならない」とされました。


◇さらに平成12年の「JAS法の改正」によって、穀物検査をうけない米穀は、「3点セット(産地・年産・銘柄)の表示をしてはならない」とされたことから、ほとんどの生産者が穀物検査を受けることになったのです。


◇「
2等米とは」 斑点米が1000粒に2粒以上混入したものです。


◇価格に60舛△燭蝓1,000~1,500円の差がつくため、カメムシ防除が異常なほど徹底されるようになってきました。


◇この無謀な斑点米の
農産物検査法を、本当に農林水産大臣が、定めたのでしょうか?それとも、誰かが考案したものを、よく目を通さずに許可してしまったのでしょうか。どちらにしても、なぜこんな法律があるのか信じられません。


◇しかも、
H12年の「JAS法の改正」によって、穀物検査を受けない米穀は、「産地、年産、銘柄」の表示ができなくなり、さらに斑点米が1000粒に2粒混入している場合は2等米になってしまうなんて。


◇こんな法律では、
国民は農薬の害を受ける しかありません。






|JASとは






1950年に始まりました。


農林物資の、「質や形について定めた基準」を、正しく表示するための法律(JAS法)です。


JASの内容は、農林水産大臣が定めました。


◇どのように定めたのでしょう

’昔喨資の商品の質を改善するために定めました。
∪源困北蟻未ないように定めました。
取引が単純でなおかつ公平で正しく行われるように定めました。
ぞ暖颪垢襪砲睫蟻未ないように定めました。


 



農林水産大臣が規格に適合していると判定した場合、その商品にJASマークを付けることができます。この制度を「JAS規格制度」といいます。




ASマークを付けるためには、商品の種類ごとに検査方法が、農林水産大臣によって定められています。

 



その検査の方法には、2つあります。


\宿覆ら、化学分析するための材料を取り出して検査し判定する方法
∪源困竜録を検査し判定する方法です。


 


また、JAS制度にはもう一つ「品質表示基準制度」というものがあります。これは、「消費者が商品を一つの基準て、選ぶことができるように」農林水産大臣が決めた表示です。


すべての製造業者又は販売業者は、「農林水産大臣が定めた品質表示基準」に従った表示をすることが義務付けられています。
 


最近では、JAS制度全体のことを通称で「JAS」と呼ぶことが多くなりました。
この二つのJAS制度は農林水産省管轄の社団法人である日本農林規格協会により普及活動が行われています。

 


詳しくは「検査規格見直」を読んでみてください。
 



上記から考えると…JASマークをつけるには、農林水産大臣の判定に適合しないといけないことが分かります。つまり、農林水産大臣が…穀物検査を受けない米穀の「産地、年産、銘柄」を表示できなくさせ、農林水産大臣が、1000粒の米に2粒の斑点米が混入していた場合、無情にも2等米になるようにしたのです。


何のために??


農薬で儲ける人々を生かし儲けさせるために、農薬散布させ…
自然の生き物の命を殺し、人々の健康を損なうことで…さらに儲けるために(マッチポンプ)…
そうでなければどうしてって…意味が分かりません。


皆さんに聞きます。1000粒のお米に斑点米2粒って気になりますか?
気になりませんね。ある方が斑点米の交じったお米を炊いて食べたそうですが、味に何ら変わりがなかったそうですよ。


1000粒に何粒斑点米が入っていようが、無農薬で無肥料の安心なお米食べたいですよね。国に言いたいです。「農薬漬けのお米にこそペナルティーを与えるべきでは?」と…

 

例えば一度でも農薬を使ったお米には「産地、年産、銘柄」が表示できなくなるとか、あと「二等米」に格下げするとか‥。これだったら納得いきますよね。それなのに農薬漬けのお米を守るんですから…ホント変な大臣です。結局、大臣は環境と国民の健康を損なわせて…経済が豊か(?)になることを優先したんだとわかります。環境が破壊されれば、環境ビジネスが盛んになるし‥、人々の健康が損なわれれば、医療や健康ビジネスが盛んになって経済に活気が(?)…。


全世界の支配者のお気に入りになるためには、しっぽを振るしかないのですからね…。分かります。それでも
、皆さん国を信頼し任せっきりにしますか?






|お勧めブログ (私のブログですが)




期待ない」を是非読んでください。







|2013年追加



                                            
”斑点米はカメムシ防除の農薬を使わない場合に必ず混入しますが、お米の味を減じることはありません。逆に、ムシも好む美味しいお米だと言われています。” もしそうなら、「色素選別機」は不要ということになります。だったら‥美味しいお米を作るために、カメムシを殺し、農作業する人と地域の人を慢性的な病気にしたてるために農薬を撒くための口実でしかないと言えます。酷い!!!◇斑点米について http://rikuzen.biz/blog/?p=100


 


====================================         
下にCMが表示される場合がありますが、このブログと関係ありません。

 


 


スポンサーサイト

  • by スポンサードリンク
  • 2017.04.17 Monday
  • -
  • 12:42
  • -
  • -
  • -
  • -

この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

アナライズ

プロフィール

書いた記事数:243 最後に更新した日:2017/04/05

最近の記事

カテゴリー

archives

カウンター

recent trackback

  • 20年もの間、合成洗剤の危険性を訴え続けた人がいました
    飛んで

ブログ内検索

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM