自然派シャンプーにご用心






|自然派=安全?




「自然派」ということばに弱い私たち


人が手を加えていない自然のまんまって…体にいいですよね。だから、商品に自然とか自然派とかつくと、絶対安全と思い込んでしまうんですよね。なのに…ここにも落とし穴が…。



以下森田光徳著の「自然流せっけん読本」より抜粋 (小見出しは私が勝手に付けたもの)



薄毛防止の自然派シャンプーで薄毛


福岡大学の利谷昭治教授によれば、人間の髪の毛は、平均すると一人当たり50万本余り
生えているそうである。1日に100
本から150本ばかり抜けるのは正常である。ただ短い毛が抜け出すときは要注意である。


髪は長い友と書く。だから誰でも髪を大事にする。まだ若いのに、前髪が薄くなってくると、その人は精神不安定になってくる。そこにつけこんで、アロエシャンプー、つばき油シャンプー、海藻シャンプーなどが、自然派の印象をあたえて売りつけようと構えている。また、店頭に並んで待っている。


だが、これも同じ合成洗剤である。




洗浄力は最弱・殺す力は最強


合成のリンスは、ソフターなどの柔軟剤と同じ陽イオン(カチオン)系で、洗浄力はない。静電気の防止と防水性があり、殺菌力が強いのが特徴である。したがって、LAS(界面活性剤)の5倍から6倍も急性毒性が強い。


残留している陰イオン系界面活性剤と結びついて、水に溶けない化合物をつくる。早く言えば、痛んだ髪にワックスをかけているようなものだ。




「マッチポンプ」


リンスが売り出され使用されだしたのは、1970年(昭和45年)ころからである。ゴワゴワになった衣類に柔軟剤を使用させた習慣を、今度は、傷んだ髪にも適用して、合成洗剤メーカーは、消費者を教育してしまった。


合成シャンプーを売り、合成リンスを使用させ、薄くなった髪に育毛剤を売りつける。そのうちカツラも売り出すかもしれない。




容器が違う理由


テレビコマーシャルの「髪サラサラ」は、毛根の間が隙間になっている証拠だと思ったらいい。髪の表面はきれいに見えても、髪自体はだんだん細く、弱く、悪く なっていく、市販のシャンプーのなかにノーマルヘアー用、ダメージヘアー用、パーマヘアー用、ドライヘアー用などと、いかにももっともらしく表示している が、中身はすべて同じである。


ただ、香料と容器を変えているにすぎない。同じようにサラサラタイプも、なめらかタイプも同じとは腹がたつより唖然とする。マーシャルの好きな消費者もバカにされたものである。




これからは石けんで洗髪


石けんシャンプーでリンスをしたい場合は、洗面器にお湯を一杯に張り、盃一杯の割合で醸造酢(食酢)かレモン汁を入れて髪の毛を浸し、ゆすぐようにリンスをして、このあとにサッとお湯を流すとよい。


「メンズ小粋」の場合はリンスは不要。洗髪のあと、ゆすぎをしっかりすることがコツだ。1個あれば二日に一回の割合で洗髪しても、2か月から3
か月も使用できるから、非常に安くつく。


リンスが気になる人は前述の要領で。とにかく、合成シャンプーを止め、髪にやさしい石けんを使用して、「櫛にながるる」きれいな黒髪を取りもどして頂きたい。
 
 

 



「自然流せっけん読本」を読んでいたら‥そのうち、カツラを売り出すかもしれない。と書いてありました…。それを読んで、なるほどと思いました。なぜなら‥今や女性向けのカツラが当たり前のように宣伝されているからです…。(カツラ使用前のノースマイル映像と使用後のスマイルマックスの映像を流して人気を集めているようです。)


マッチポンプ商法もいいところでしょうか!!!


石けん一個で十分なところを、メーカーはこのようにして儲けているなんて…。もし、どんな粗悪なものでもCM
で売れるのだったらCM
製作費〇〇億円は安いのかも知れません。 

  







|石鹸で洗髪




わたしは、シャボン玉石けんのみで髪を洗い始め3年になります。始めた年は、今までシャンプーを使っていたせいで、髪の毛が傷んでいて‥それが原因で髪がきしんでいました。しかし、今では髪の毛は全然きしむことがありませんし、石鹸を付けたとき泡立ちがすごいです。どうしてシャンプーにこだわっていたのかと思うくらいです。


リンスなんて要りません。シャンプーのあとお湯を入れた洗面器に自然塩を一つまみ入れてバサッて頭にかければいいのですから…。髪は、豚毛の櫛でとくことをお勧め。数分髪をとき続けると髪の毛に艶が出てきます。


私は、結婚式、お葬式、入学式、卒業式などフォーマルな場でも、ノーメイクです。髪の毛は自分でセット。つまり、豚毛でとくだけ。シンプルライフ
‥こんな楽ちんなことありません。お金もかからないので経済的ですよ。




↓この石鹸で体も顔も頭も洗っています。
 旅行に行く時はチャック付きのビニールに入れて。



シャボン玉石けん




石鹸一個だけのシンプルなお風呂 素敵!









|お勧め動画




シャンプーやリンスは、皮膚を通過し血管に入り脳や神経に蓄積し…肝臓に負担をかけ、肝臓を傷めるそうです。そして肝臓の働きが悪くなることで解毒が不十分に。この洗剤成分が内臓にも蓄積し…30歳を超えたころから徐々に体に異変が‥。


私が化学物質が皮膚を通し、体に侵入することに気がついたのは、既に結婚して子供を産み、子どもが小中高生になっていたころでした。子どもを産む前に、いや結婚する前に、いや自分が小さいころに…気がついていたらと思います。それなのに…こんな大切なことを「厚生省」は黙っています。そして企業は、こんな危険なものを製造し続けています。だから、私たちは、諦めないで…小さな声を出し続けなければならないと思っています。





 ↓「経皮毒って、なに?」







=======================================
下にCMが表示されることがありますが、このブログと関係ありません。









スポンサーサイト

  • by スポンサードリンク
  • 2017.05.05 Friday
  • -
  • 22:09
  • -
  • -
  • -
  • -

この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

アナライズ

プロフィール

書いた記事数:243 最後に更新した日:2017/05/05

最近の記事

カテゴリー

archives

カウンター

recent trackback

  • 20年もの間、合成洗剤の危険性を訴え続けた人がいました
    飛んで

ブログ内検索

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM