抗癌剤は増癌剤

 

 

 

 

┃抗癌剤は増癌剤

 

 

 

がん大国のアメリカや欧米諸国では、抗がん剤は増がん剤であると見限られつつあります。

 

がんの死亡者数が年々減少している米国では、抗がん剤はがんを治す上で無意味であることが早くから公表されています。

 

アメリカ国立がん研究所のNCIでは、88年に数千ページにも及ぶ「がんの病因学」という報告書で「抗がん剤は増がん剤である」と言って世界を驚かせています。


また、違う実験では抗がん剤を3種類使うとがんは小さくなるが、寿命は7〜10倍短くなるという報告もあります。

 

GMSがんメディカルサービス」(抗癌剤は増癌剤より

 

 

 

 

 

┃抗癌剤の原料は毒ガス兵器

 

 

マスタードガス(化学兵器)を抗癌剤として使用(Wikipediaより

 

マスタードガス(Mustard gas)は、化学兵器のひとつ。2,2'-硫化ジクロロジエチル(2,2'-Dichloro Diethyl Sulfide)という化合物を主成分とする。

 

びらん剤(皮膚をただれさせる薬品)に分類される。硫黄を含むことから、サルファマスタード(Sulfur mustard gas)とも呼ばれる。

 

ー中略ー

 

マスタードガスは遅効性であり、曝露後すぐには被曝したことには気付かないとされる。皮膚以外にも消化管や、造血器に障害を起こすことが知られていた。

 

この造血器に対する作用を応用し、マスタードガスの誘導体であるナイトロジェンマスタードは抗がん剤(悪性リンパ腫に対して)として使用される

 

ナイトロジェンマスタードの抗がん剤としての研究は第二次世界大戦中に米国で行われていた

 

しかし、化学兵器の研究自体が軍事機密であったことから戦争終結後の1946年まで公表されなかった。

 

 

 

 

マスタードガスの人体への作用(Wikipediaより)

 

マスタードガスは人体を構成する蛋白質やDNAに対して強く作用することが知られており、蛋白質やDNAの窒素と反応し(アルキル化反応)、その構造を変性させたり、DNAのアルキル化により遺伝子を傷つけたりすることで毒性を発揮する。

 

このため、皮膚や粘膜などを冒すほか、細胞分裂の阻害を引き起こし、さらに発ガンに関連する遺伝子を傷つければガンを発症する恐れがあり、発癌性を持つ

 

 

 

 

 

┃お勧め動画

 

 

↓画像をクリックとYoutubeにジャンプ

 

  

動画の中の内容を抜粋 

・毒ガス兵器がそのまま抗癌剤になっている。

・1985年、アメリカ国立がん研究所でデビュタ所長は、「抗がん剤は全く無力である」と証言。

・0.1gの抗癌剤は約7万円

・医薬品の添付文書を読むと副作用が100、200ある。(つまり副作用が多すぎる)

・「厚生労働省に電話した時のエピソード」

 船瀬氏:抗癌剤は猛毒ですね? 

 厚労省:その通りです。

 船瀬氏:がん患者に猛毒を与えたらその毒で死ぬんじゃないですか?

 厚労省:よく死にます

 船瀬氏:それって毒殺じゃないの?

 厚労省:そういう言い方もできますね

 

以上のような内容です。是非関心のあるかたは見てください。

 

 

 


┃その他:

 

  界面活性剤やエタノールまで含まれる

 

 

抗癌剤が猛毒であるマスタードガスからできているとわかると、界面活性剤やエタノールが入っていても、驚かなくなるのが怖いですね。

 

 

  ↓「医薬品インタビューフォーム」から引用

 

ジェブタナ点滴静注60咫聞外性腫瘍剤)

 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

 

名称に関する項目

 

 剤型:注射剤

 製剤の規制区分:毒薬、処方箋医薬品

 一般名:(1)和名・カバジタキセル アセトン付加物(JAN)

     (2)洋名・Cabazitaxel Acetonate(JAN)

     (3) ステム タキサン系抗悪性腫瘍薬:-taxel

 

 

物理化学的性質

 

(1) 外観:性状 白色の粉末

(2) 溶解性 :アセトン又はジクロロメタンに溶けやすく、無水エタノールにやや溶けやすく、水にほとん ど溶けない。

  :

(以下省略)

 

 

製剤の組成

 

(1) 有効成分(活性成分)の含量

・1バイアル1.5mL 中にカバジタキセル アセトン付加物を64.14mg(カバジタキセルとして 60mg)含有する。

・実充填量は、カバジタキセルとして73.2mg である。

 

(2) 添加物

販売名 ジェブタナ点滴静注60mg
成分 1バイアル(1.5ml)中の分量 ※
添加物 ポリソルベート80 1.56g

※調製時の損失を考慮に入れ過量充填されており、実充填量は1.83mlである。

 

★管理人からのコメント★

添加物のポリソルベート80は、非イオン性の界面活性剤です。優れた浸透性、乳化・分散性の特徴を持っているため使われているようです。界面活性剤がマヨネーズなどに使われていることは知っていましたが、まさか点滴にまで使われているとは!

 

 

(3) 添付溶解液の組成及び容量

成分 1バイアル(4.5ml)中の分量※
日局エタノール 573.3
性状 無色澄明の液

※調製時の損失を考慮に入れ過量充填されており、実充填量は5.67mlである。

 

★管理人からのコメント★

いくら薬剤が「水に溶けにくく、無水エタノールにやや溶けやすい」からと言って、消毒液であるエタノールを使うなんて驚きですね。しかも無水エタノールは、3種類あるエタノールのなかで水を含まず濃度が最も高いエタノールです。(エタノールには濃度によって3種類ある。濃度の濃い物から「無水エタノール、エタノール、消毒用エタノール」)

 

ちなみに、点滴に入れる薬剤(ジェブタナ点滴静注)の溶解剤として使われる日局エタノール573.3咾箸蓮¬0.6ccです (1000mg=1g=1cc=1ml)。これが点滴で薄められるわけですが、アレルギーのある人にもし誤って注射されたらと思うと怖いです。

 

私は、アルコールが一滴も飲めない体質。お店の入り口に置いてあるエタノール消毒液を誰かがワンプッシュしただけで気分が悪くなります。こんな私には絶対にしてほしくない点滴です。

 

 

 

1か月ほど前、点滴に界面活性剤を混入したとして容疑者が逮捕された方がいました。しかし、抗癌剤入り点滴を打つ場合、既に猛毒のマスタードガスを原料とした薬剤+界面活性剤+エタノールが入っているのです。これこそ、もっともっと問題視して公表してほしいものです。

 

(泡立つ点滴で逮捕された人は、もしかしたら冤罪かもしれません。なぜなら、最初から抗癌剤の点滴には界面活性剤が含まれているのですから。)

 

 

 

 

┃泡立つ点滴に驚く患者

 

 

えみのhappyライフ♪ 娘のお受験と癌ブログ」より 文章を一部抜粋↓

 

抗ガン剤、パクリタキセルって、界面活性剤が入ってるって、知ってました?

月曜日に、点滴が泡立ってて。

 

何かと思ったら、界面活性剤入ってるからですよって、先生が。

石鹸みたいなもんですね、だって。

 

 

医療現場では、医師が普通に「(点滴に)界面活性剤が入っているからですよ。石鹸みたいなもんですね。」なんて患者さんに説明しているのですね。猛毒が既に入っているのですから、医師にとってもはや驚く必要はないのでしょう。

 

 

 

 

┃まとめ

 

多くの人は、がん保険に入っているからお金の面では大丈夫と考えるだけで、どんな治療家全く考えていないのではないでしょうか?まさか猛毒を体に入れるような治療がこの世に存在するなんて信じられないですからね。でも実際は存在するわけです。わたしの従妹、わたしの友人があっけなく抗癌剤治療でこの世を去りました。高齢と言うことで癌治療を行わなかった伯父と母は、癌の症状はなく老衰で亡くなりました。

 

このようなことから、癌治療を行った従妹や友人に対し悔やまれてなりません。猛毒を体に入れたのですから、きっとそれで死んだんだと思いました。

 

ですから、癌になったら抗癌剤治療をするのかどうか、日ごろから考えておくことはとても大切なように思います。他人がどう考え、どう決断するか、とやかく言うつもりはありませんが、癌治療においても悔いが残らないように良く調べておくことをお勧めします。

 

■お勧め記事

癌とは関係ありませんが、医療の実態が見えてくるという記事です。内容は船瀬俊介氏の書いた『病院に出回る【お年寄り毒殺マニュアル】これが「人殺し医療サギの実態だ」いのちを奪いながら金を奪うワンワールド支配者!』という本についてです。https://blog.goo.ne.jp/kimito39/e/010d567a0bfb1abf7f3525639f1c30dd
 

 

 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

下の方にCMが表示される場合がありますが、このブログの内容と関係ありません。

 

 

 

 


スポンサーサイト

  • by スポンサードリンク
  • 2018.11.08 Thursday
  • -
  • 18:15
  • -
  • -
  • -
  • -

関連する記事
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    カレンダー

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    アナライズ

    プロフィール

    書いた記事数:245 最後に更新した日:2018/09/10

    最近の記事

    カテゴリー

    archives

    カウンター

    recent trackback

    • 20年もの間、合成洗剤の危険性を訴え続けた人がいました
      飛んで

    ブログ内検索

    sponsored links

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM