合成洗剤の怖さ (本当に怖いのはそれを使わせる政府)




|本当に怖いのは




 政府は、「合成洗剤は通常の使用量では問題はない」と言っているのですが‥。化学物質の怖いところは、自然に対し‥すぐに結果を出さず、ジワジワと年月をかけて致命的な障害を与えることです。とするなら‥政府は、体内に蓄積され‥ジワジワと体を蝕んでいく合成洗剤に対し‥「通常の使用量では問題ない」としてはいけなかったと思うのです。


だとするなら‥、合成洗剤が怖いのではなく、時間をかければ致命的な合成洗剤を「問題なし」を言って国民に平気で使わせる政府なではないでしょうか。







|合成洗剤の影響




肝臓に障害を与える


カネミ油症、水俣病、イタイイタイ病、またPCB汚染魚にしても、急激に死ぬ事はありませんでした。だからと言って安全だったわけではありません。柳沢文正博士の実験では、1千万分の2グラムという超極微量の合成洗剤で肝臓のミトコンドリアの活性を阻害するろいうことがわかっています。つまり肝臓障害をおこすと報告しているのです。




動脈硬化を起こす


また、柳沢文正博士の研究では、実験動物の飼料に合成洗剤(ABS)を体重1キロ当たり25ミリグラム混入しただけで、血清コレステロールの上昇が起こることがわかったそうです。つまり動脈硬化なのですが。




精子を殺す


そのほか、
三重大学学長三上美樹の実験により、合成洗剤が、精子の頭や尻尾を切ってしまう事が判明したそうです。その作用を利用したのが‥大鵬薬品の「マイルーラ」や石原薬品工業の「フィルムービスラット」で、共に非イオン系の合成界面活性剤(ポリオキシエチレンアルキルフェノールエーテル)を使用して、精子を殺すそうです。


「女性が自主的に避妊ができる」と宣伝していますが、こんな危険な避妊薬は絶対に使用しては行けないと思います。なぜなら‥。奇形児または流産、膣粘膜の刺激性、また体内残留による肝臓などの障害が考えられるからです。




皮膚に炎症を起こす


「主婦湿疹」は別名を「洗剤皮膚炎」といいます。合成洗剤の普及に比例して患者が増加しています。合成洗剤で障害を受けた皮膚は異常に乾燥し、とくに利き手の腹側面や指のまた、手のひらでは薄皮がむけて硬くなり、赤みを生じ、ひどい場合にはヒビ割れを生じるようなります。夏は指の背面の間接部分に赤いブツブツができることがあります。


これと同じように、赤ちゃんのオムツかぶれが数100倍も増加したそうです。合成洗剤が残留したオムツに、カンジダ菌が異常発生するからだそうです。。石けんで洗っていた頃は、こんなことはほとんどありませんでした。なぜなら‥石けんは皮膚から浸透することがないからです。



だから数千年という長い間、使用され続けられてきたのわけです。石けん液は薄められれば、その効力を失ってしまいますし。万が一、口から入れば胃酸が石けんと反応して脂肪酸と塩になり無害です。


しかし、合成洗剤は、どんなに薄めても効力を持続して、他の物質とかんたんに融合してしまいます。特に、時間とともに体に蓄積し、ジワジワと体を蝕んでいきます。一方、石けんは体にやさしく、環境にもやさしいのです。石けんだけを使用していた時には、今のような環境破壊は無かったのに‥。


(以上‥「自然流せっけん読本」森田光徳 著を参考にしました。)







|合成洗剤を止めよう!




わたしは、洗剤を止めて約2年になる。洗剤を使っていたころは、手に主婦湿疹ができていました。以前は治療のために、抗ヒスタミン軟膏や副腎皮質ホルモン軟膏を塗っていました。


しかし、今は全くその必要はありません。洗剤の恐ろしさを実感するばかりです。
最近は、洗剤で洗った洗濯ものを触ると指がツルツルして気持ち悪さがあります。
洗濯に関しては、水洗いでも十分汚れが落ちます。環境にもいいですし、経済的です。



先日、洗剤を止めた友人がいたのですが…。副腎皮質ホルモンのクリームも同時に止めたとかで、指に包帯をぐるぐる巻きにしていました。好転反応なのですが…本当に辛そうだったので、「大丈夫?」って聞くと…。「薬から縁を切りたいから大丈夫」とのことでした。その後、友人に会ったとき、手はきれいに治っていたので…本当に良かったと思いました。


もし、副腎皮質ホルモンなどの薬を急に止めて…こんなことになった場合は、「自然塩(皇帝塩がお勧め)」を大匙1杯を洗面器に入れてお湯を半分ぐらいで溶かし、しばらく手浴をしたらいいと思います。







|追加



2012年)


昨年の東日本大震災で起きた原発事故。政府は、放射能について「ただちに健康に影響ない」って言っていました。つまり、この国には、ただちに健康に影響しないものがたくさんあるということです。カネミ油症の原因である「PCB:ポリ塩化ビフェニール」、水俣病・イタイイタイ病の原因である「水銀」。そして「合成洗剤などの化学物質全般(たばこも含む)」。


現在…数えたらきりがないほどの文明がもたらした毒物で海も川も空も大地も汚染されています。私たちの体は、環境汚染に伴い…「未病」と言うより、「無自覚病」になっています。自覚した時はもう手遅れかもしれません。



2013年)


自宅は井戸水で塩素がゼロで塩素除去という手間が要りませんでした。本当に水のみの洗濯に感動していました。しかし、集合住宅で避難生活する中でわかりました。塩素除去をしないといけないってことが…。粉石鹸(私が勧める粉石鹸は純石鹸分が98%以上のもの)を使うなら、塩素が中和されることが分かりました。粉石鹸はティースプーン1杯ぐらいで十分です。また、石鹸を使わない場合はビタミンCを1gほど使うことをお勧めします。


塩素濃度をチェックしたい方はラピッドDPDをお勧めします。
↓試薬は「ラピッドDPD」:安いので是非購入してください。

http://store.shopping.yahoo.co.jp/hikari-chyubo/131.html




==============================
下にCMが表示されることがありますが、このブログと関係ありません。





 

スポンサーサイト

  • by スポンサードリンク
  • 2017.06.16 Friday
  • -
  • 20:35
  • -
  • -
  • -
  • -

この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

アナライズ

プロフィール

書いた記事数:243 最後に更新した日:2017/06/14

最近の記事

カテゴリー

archives

カウンター

recent trackback

  • 20年もの間、合成洗剤の危険性を訴え続けた人がいました
    飛んで

ブログ内検索

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM