◆崛瓦討鮗困辰真諭后焚蹴慂質過敏症者)」のまとめ



以下の文章は、「包囲攻撃網下にある化学物質過敏症者」という本の文章です。アメリカにおいて化学物質過敏症者がどのように扱われているかが書かれています。現代、化学物質を基礎とする社会にとって、化学物質過敏症者がいかに厄介者であるか分かります。


国が環境と国民の健康を本当に優先しているのだったら‥きっとこうはならなかったでしょう。しかし、日本の国がアメリカの国民と同じように扱われているのは、アメリカの国民も、日本の国民も‥アメリカ政府にとって奴隷でしかない証拠ではないでしょうか?日本政府が何もできなかったのはそういう理由からではないでしょうか?どうか下記の文章を読んで考えてみてください。(下記の四角い枠の中の文章が転載した文章)






|不当にかけられる圧力




包囲攻撃網下にある化学物質過敏症者」アン・マッキャンベル著を参考にしました



十分な資金をもった「化学、医薬業界」は、故意に誤った情報を流し「化学物質過敏症者」に圧力をかけています。




彼らの目的は、化学物質過敏症に対し関心をもっているかのような錯覚を作りだし、化学物質過敏症の存在に疑問を投じることです。




これらの業界は、化学物質過敏症者に脅威を感じており、彼らの作り出している物が有害かも知れないと言うメッセージに注意を払うよりもむしろ、そのように言う人(化学物質過敏症者)を狙って追及することに決めたのです。




なぜ脅威かというと、粗悪な商品であることがバレるからです。間違ったお金のシステムのなせる技です。彼らは、粗悪な商品を売ることで生きているのですから…。もし仮に粗悪な商品の製造を止めようとしたとします。簡単にそれができるかというとそう簡単に行かない仕組みになっています。


それは、企業が多額の借金をしているからです。もし借金の条件が、石油製品を作ることだとしたら?簡単に自分の都合で変更できないわけです。しかも世界を支配している者からお金を借りているとしたら…?自分たちに自由はないということかもしれません。









|踏みにじられる人生




包囲攻撃網下にある化学物質過敏症者」アン・マッキャンベル著を参考にしました



会社は、株主だけに恩義があります。しかし、医療や政府は、本来その患者や市民のニーズに敏感に反応する必要があります。




ところが‥不幸なことに産業界は「この病気は存在しない」か「精神的な問題に過ぎない」と、多くの医療や法律の専門家、政府、一般大衆、そして化学物質過敏症者の親しい人達までも納得させてしまいました。




その結果、この「化学物質過敏症」という理不尽な病気によって人生を幾度となく踏みにじられた人達は、適切な衛生管理、住居、就職の機会、そして障害者給付金を拒絶されています。 




その上、化学物質過敏症者達は、自分達を助ける筈のまさにその機関や専門家達や人々からの敵意や無礼に度々耐えねばなりません。




例えば、化学物質過敏症になった年輩婦人は、「新しいカーペットや棚で具合が悪くなって住めなくなる」と市の職員に事前に話していました。にもかかわらず市の職員たちは、公営住宅を改装すると主張し、彼女を住宅から追い出しホームレスにしたのです。





この記事はアメリカ。なのに私も同じ体験をしました。日本はまだ親切で優しい人たちだと思っていたのです。しかし、家族も友人も市の職員も…私を「厄介な人」と烙印を押したのです。(テレビ番組やCMなどの影響なのでしょうが…)

 







|住める家がない




住める最低限の環境が保証されていない



包囲攻撃網下にある化学物質過敏症者」アン・マッキャンベル著を参考にしました



ある学校では、化学物質過敏症の教師が、余りの長期欠勤で解雇されました。その女性教師は、勤務に必要な宿泊施設を要請したのですが、それが用意されることはありませんでした。




ある元スチュワーデスは、荒野でテント生活をしなければならず、ある母親と幼い子は、ひどい病気にならずに済む住居を見いだせず、車の中で暮らさねばなりませんでした。




化学物質過敏症で障害者になった男性は、働きたくても職業復帰の便宜を得られません。




他に、数え切れないほどたくさんの人達が、住むに耐えられる住まいを探せませんでした。車の中で7年間暮らしてきた元マラソン選手もそうです。毎年冬になると、彼女は凍傷にならないよう、苦心しています。



別の例では、トレーラーで暮らす化学物質過敏症の女性が州立公園から退去させられました。冷淡な職員が彼女が居るのに殺虫剤を撒くと主張したからです。




その公園管理者はこう言いました。「化学物質過敏症についてのテレビ番組を見て、化学物質過敏症なんて存在しないことが分かった。だから化学物質過敏症の人と和解する必要もない」と。その番組は、化学物質過敏症者を、「いそうろう」や「不適合者」として描写しました。





好きでテント暮らしするものがいるでしょうか?好きで車の中で暮らすでしょうか?自分の家があるのに…。にもかかわらずテレビ番組をみた人たちは、この状況を見て…化学物質がいかに危険かという重大な事実を見落としてしまうのですから…。








|精神病扱いされる




包囲攻撃網下にある化学物質過敏症者」アン・マッキャンベル著を参考にしました



全ての食べ物にアナフィラキシー反応するので入院したある女性の場合、担当医は彼女を精神病棟に移そうと考えました。それは、強制的に食事をさせるためです




化学業界が故意に誤った情報キャンペーンをすることで、医師、法律家、裁判官、政府に誤った情報を与え⇒その結果化学物質過敏症者を増やすことになっています。




実際、化学物質に敏感になってきている人たちが大変多くなってきています。その人達を無視したり、黙らせる試みは、結局失敗する運命にあると思います。




しかし、化学物質過敏症が認知されるのは時間の問題とはいえ、それが日々遅れることは、何百万人もの化学物質過敏症者の苦痛を長引かせ、他の何百万もの人々をそうなる危険にさらすことを意味します。 




従って、医療、政府、社会に於ける人々は、産業界の誤情報キャンペーンに惑わされない見方をすることが不可欠です。





化学物質過敏症は、有害な化学物質がなければなんてことはないわけです。これって、「病気でないと思いませんか?」



包囲攻撃網下にある化学物質過敏症者」アン・マッキャンベル著を参考にしました



なぜなら、彼らが生きていける環境は、もともと自然にどこにでもあったところなわけですから…。




病気なのは環境。いや環境を悪くしても何とも思わない人たちの「頭:考え」ではないだろうか。いずれ自分も同じ危険に見舞われるかもしれないというのに…。





=========================================
下にCMが表示されることがありますが、このブログと関係ありません。






スポンサーサイト

  • by スポンサードリンク
  • 2017.11.12 Sunday
  • -
  • 00:52
  • -
  • -
  • -
  • -

この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

アナライズ

プロフィール

書いた記事数:244 最後に更新した日:2017/11/02

最近の記事

カテゴリー

archives

カウンター

recent trackback

  • 20年もの間、合成洗剤の危険性を訴え続けた人がいました
    飛んで

ブログ内検索

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM