〜瓦討鮗困辰真諭后焚蹴慂質過敏症者)



文中の「多くの化学物質過敏症者は全てを失いました。」ということばは、深く心に突き刺さります。なぜなら、わたし自身がそうだからです。住む家。家族関係。友人関係。自由。多額の費用。生きる意味など‥。


私たち日本人がこのような苦しみに突入する前にアメリカの国民はそれを経験していた。どうして、だれもそれを私たちに知らせてくれなかったのでしょう。アメリカで何も改善されることないまま‥その問題が日本へ‥そしてあらゆる国へ‥そして全ての人が‥同じ苦しみに突入していく。こんな悲しいことはありません。ですから、この記事を読んで…どうか皆さん共に助け合いながら生きられるように考えてください。







|全てを失った人々




包囲網攻撃下にある化学物質過敏症者」よりアン・マッキャンベル医学博士 著より転載



化学物質過敏症が個人や社会に及ぼす衝撃は、莫大です。潜在的な深刻さと、影響を受ける人々の数からしても。多くの化学物質過敏症者は、全てを失ってしまいました




健康を始め、家、仕事、貯金、そして家族も。患者は、慢性的に病気で、自分たちが耐えうるような食物、水、衣類、住まい、車など、基本的な生活必需品を入手するのに、もがいています。症状を悪化させない住まいを探すことは、特に困難です。




すなわち、殺虫剤や、香り、清掃用品、煙草の煙の残渣、新しいカーペット、塗料、ホルムアルデヒドを含む建材などで汚染されていない住まいを探すことです。化学物質過敏症者の多くは、病状により、しばらくは、車やテント、軒先で暮らしています。それに加えて通常、金銭的問題も抱えています。




反化学物質過敏症運動の最も不当な一面は、多くの参考人が、化学物質過敏症による障害者達に対し不利な証言をする為に、1時間あたり500ドル支払われていることです。化学物質過敏症による障害者は、生き延びる為に、1ヶ月あたりそれだけ求めているのに。




社会に与える衝撃も同様に深刻です。医師、弁護士、教師、コンピューターコンサルタント、看護婦、その他、多くの熟練者たちの間で患者は増え続け、かつて社会において生産的な仲間であった人々が、もはや自分自身も養えず、自分たちの持つ技能で社会に貢献できなくなっています。




また、これらの人々の収益力が失われることは、市場消費額の減少と税収入の減少へと形を変えて行きます。ニューメキシコ州の疫学補佐官であるロン・ボーヒースは、これら化学物質過敏症者の収益力が低下したことにより、税収が年1,500万ドル失われている可能性がある、と州知事への書簡で見積もりました。(55)




そして、この医学的状況は、珍しいことではありません。カリフォルニア(56)とニューメキシコ(57)での罹患率調査では、回答者の16%が、化学物質に敏感であると訴えていることが判りました。




更に、ニューメキシコ州では、回答者の2%が化学物質過敏症であるとの診断を受けており、それは、化学物質に敏感より更に深刻な容態です。




カリフォルニア州では、3.5%が化学物質過敏症であるとの診断を受けており、化学物質に敏感であることが報告されています。




女性は、男性と比較して2倍もしばしば化学物質に敏感であると訴えていますが、それが「ヒステリー」のレッテルに影響しています。




それ以外、化学物質への敏感を訴える人々は、年齢、教育、収入、地理上の範囲に関し、等しく分布しています。




化学物質への敏感は、また、民族、人種間でも等しく報告されています。それぞれの調査で比較的高い罹患率が報告されているアメリカ原住民以外は。




この破壊的であり潜在的に予防できる疾患が、人口比率の増加に及んでおり、労働人口の重要部分をダメにしていることは、全ての人々の重大な関心事であるべきです。これは国中で、世界中で、全ての職業の人々に影響を及ぼしています。




化学物質過敏症は、よって、真正面からまともに扱われることが重要、不可欠です。化学、医薬業界が医療専門家や行政にさせようとしているような、臭い物に蓋をする扱いではなくて。 本当に、化学物質過敏症を無視することは無分別であるのみならず、非人道的です。




石油を掘り出し、それを加工し、この世界を石油製品で覆った人々。その人たちは、その儲けで生きています。そして、人々を石油製品なしには生きていけないように仕向け、それで世界を支配したのです。


お金を必要としない原住民や自然に沿って生きていきたいと願う人々(化学物質過敏症者も含め)は、この経済社会では邪魔者です。だから、文明社会の頂点で支配しているものが、このような人たちを「生殺与奪の権利」で殺している
‥。


「生殺与奪」とは、文明に逆らって自然に向かう人々の命を殺すという意味‥。少なくとも私は、そう思っています


もし国も世界の支配者も、化学物質を減らす方向に向かうことをせず「化学物質過敏症者」を医療で助けようというのならわたしは、この文明社会に対して何一つ期待するものはありません


みんなで自然に戻ろうとしないのならただただ生きにくい世の中になるほかないからです。





=========================================
CMが下に表示される場合がありますが、このブログと関係ありません。






スポンサーサイト

  • by スポンサードリンク
  • 2017.06.16 Friday
  • -
  • 19:21
  • -
  • -
  • -
  • -

この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

アナライズ

プロフィール

書いた記事数:243 最後に更新した日:2017/06/14

最近の記事

カテゴリー

archives

カウンター

recent trackback

  • 20年もの間、合成洗剤の危険性を訴え続けた人がいました
    飛んで

ブログ内検索

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM