誰でもわかる石油と化学物質の基礎知識





|化学物質の意味




辞書を引くと「化学物質とは、化学的方法によって、人工的に合成された物質。」とあります。しかし、化学物質とは、短縮して「化物」と略できます。化け物とは、何かに姿を変えたもので、「だます」という意味もあります。


石油は、私達に、「便利ですよ〜」とだまして売りつけて、その後石油なしには生きていけないように支配し、そして、私たちの健康と財産を損なわせているのかもしれません。









|化学とは




化学とは…化ける、そしてだます学問



あの黒いドロドロした気持ち悪い臭いのする石油(原油)と言うのは、実は、いろいろな成分が混じり合った混合物だそうです。この原油を350度に熱して、蒸留塔に入れます。そして、熱したり冷やしたりして、温度の違いで原油からすごいものに変身させることができます。


まるで手品です。どんなものが出てくるかと言うと‥あんな真っ黒な石油(原油)から‥


\侈ガス(LPガス)
▲ソリン、ナフサ
E油、ジェット燃料油

そ徒、アスファルト、そのほかです。


ここでポイントは蒸留塔で生成されたものの中の「ナフサ」という物質です。このナフサが、私たちの生活を便利?に変えたと言えます。このナフサは、透明の液体です。黒いドロドロした原油から、とれました。見た目は水のように見えますが、決して飲む事は出来ません。ナフサは、「石油化学基礎製品」と言われています。化学製品を作る基礎となる材料だからです。



では、どんなものがこのナフサから作られるのでしょう。これは、更にすごいマジックです。
このナフサから、次のようなものが作れます。



.廛薀好船奪、電化製品、フィルム、文具
合成繊維原料:シャツ、セーター、テント、毛布
9臉ゴム、自動車タイヤ、ベルト、靴
づ瀕糎粁繊Дぅ鵐、ペンキなど
ス臉洗剤原料:洗剤、シャンプー、化粧品など

Δ修梁勝医薬品、農薬、肥料、接着剤、食品添加物など


どんなに「すご〜い!!!」って言われても…。


ナフサから服や医薬品、洗剤、食品添加物ができるなんて…。あの黒いドロドロ…海でよく踏んづけて…いつまでもベトベトして…ナフサに変身して…合成したって言われても…あんなものを口に入れたり、身につけたり…やっぱり気持ち悪いな〜。どんなに美しい人がCMに出てスマートでしょうなんてやっていますが…、私にはどうしても、いいものとは思えないのです。


私たち消費者は、だまされた馬鹿な人たちかもしれません。
生産者は、石油を変身させ金儲けした、とても頭のいい人たちかもしれません。もし、生産者が真実で良心的で、これらの人たちによって作られた物が、私たちにとって良いものなら…。空は?川は?海は?土は?自然の生き物は?そして、私と人々の体は?


見渡してみると…。本当に良いものだったら…。「海もきれい。川もきれい。空もきれい。土もきれい。自然の生き物は、益々元気。そして、私たちは、健康で楽しく暮らしている。…」はずなのですが…。









|Chemicalとは




英語の綴りから考えてみる



の言葉を英語で‥


化学物質  → Chemical 
 ケミカル
錬金術師  → Alchemist アルケミスト

学者  →  Chemist ケミスト
良い商い →
 Cheap
 チープ


自分の利益のために、人をだます →
 Cheat チート…と言います。共通する文字はCheです。化け物(化学物質)で、だまして、商いをして、金儲け!って感じでしょうか?灰での錬金術は、失敗だったでしょうが、黒い石の油で成功するとは…。


では、おまけで、Chaがつくものを


めぐり合わせ、可能性、機会  → Chance チャンス
変える、替える、換える、改める  → Change
 チェンジ
経路、方向、周波数、管  → Channel チャンネル



とイメージを広げてみます。


石油との出会い。 →Chance
自然と化学製品(石油)を入れ替える→Change
自然と逆方向へ→Channel









|ベンゼン環




ベンゼンとは、香の高い、炭素と水素から成る物質です。炭素と水素…?ということは、…炭素C、水素H …。もしかして、化学とChって関係深いのかもしれません。それから、「ベンゼン」は、香が高いので→「芳香族」って言われています。また、「ベンゼン」は、炭素と水素からできているので→「炭化水素」って言われています。だから、ベンゼンは、「芳香族炭化水素」と言われるんですね。


では、ベンゼンは、どんな形か知っていますか?ベンゼンの形は、なんと正六角形をしています。炭素Cが6個、水素Hが6個で、環状になっています。よく見ると、亀の甲羅に見えます。それで、化学が苦手な人は、ときどき「亀の子、苦手で…」なんて言ったりします。しかも安定していて、高温でもその形は、変化しません。


そ して、炭素と手を結んでいる水素は、いろんな元素と結びついて、様々な物質に変身できます。(だから、化学というのでしょう。)しかも、六角形の頂点を結ぶと、星の形になります。まるで、一見「希望」を与えてくれるかのようです。確かに一攫千金を狙っていた人にとっては、希望となったに違いありません。


それから、ベンゼン環の「環状」ということばですが…これを英語で、belt
といいます。beltは  → 権力、真理、徳の象徴だそうです。つまり、「真実のようだが、実は権力」ってことでしょうか?石油を合成して、商売した人々は、事実、巨額の富を得、権力を握っています。









|商品を広めるテクニック




商売する時のテクニックだと思うのですが、商品が一足先に流行するのは、いつもエリート達からではないでしょうか。一般庶民は、高価で手が出ないので、いつも、出足が遅れてしまいます。しかし、庶民は、安くなって手にしたときは、エリートの仲間になれたと言う安心感を持つような気がしませんか。


私のお婆ちゃんに「どうして洗剤を使う様になったの?」と尋ねたところ、お婆ちゃんは、「うちは、貧乏でなかなか洗剤が買えなくってね。洗剤買えた時は、やっと世間と同じ身分になれたと思ってうれしかった。」と話してくれました。


どんなに、粗悪なものでも、エリートから流行させれば、すべての人にいきわたる様になっているみたいです。私たちの心理的弱さに、完全に付け込まれて居る気がします。携帯電話が流行る時もそんな気がしましたが…。





======================================
下記にCMが表示される場合がありますが、わたしのブログと関係ありません。

 




 


スポンサーサイト

  • by スポンサードリンク
  • 2017.03.07 Tuesday
  • -
  • 14:26
  • -
  • -
  • -
  • -

この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

アナライズ

プロフィール

書いた記事数:243 最後に更新した日:2017/03/07

最近の記事

カテゴリー

archives

カウンター

recent trackback

  • 20年もの間、合成洗剤の危険性を訴え続けた人がいました
    飛んで

ブログ内検索

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM