最先端を行く農民 : 自然に反することも自慢に!




|自然に反した農業




以前、九州の片田舎で自然農を始めたことがありました。


そのとき畑をいくつか借りました。借りた畑は森と化し…のこぎりで開拓しなければなりませんでした。そして、大変な思いして開拓した後種を混ぜた粘土団子を撒いていたのです。すると‥ある日近所の農家の人が来て…「草を抜け」「耕せ」「間引け」と言ってきて…やっと生えてきた野菜を勝手に抜き始めました。


「やめてください」と言ってやっと止めてもらいましたが…。考え方・方法が違うため‥近所の農家の方と、なかなか打ち解けることができませんでした。農家の人の家は私たちの畑のすぐ近くで、しかも広範囲に畑を持っていました。ときどき、家の門のところに何百キロという肥料が積み上げられていました。こんなにたくさんの肥料を撒くのかと驚きあきれたのですが…。これが一般的な農業で、当然とされている農業なのです。


またあるときは、農家の人に呼ばれて行ってみると…最先端の遺伝子組み換え作物を植えているとか、肥料や、農薬のやり方の技術をもっているとか…自慢げに話します。







|弱くなった植物




自然の木や草は、自然任せでよく育ちます。なのに畑は、耕して、マルチを敷いて、種を蒔いて、間引いて、肥料や農薬を撒いて、支柱をたてて、雑草を抜いて…やっとこさ育ちます。そして、ややこしくなった農業は、耕運機を買い、マルチを買い、種を買い、肥料を買い、農薬を買い、支柱を買う。そして借金まみれの農民は、政府の出す補助金目当てに右往左往し…果ては遺伝子組み換え作物に期待を寄せます。






|野焼きと農民




そんなこんなで近所の農家の方と意見が合わず…少しずつ思いの中で軋轢が出てきたのですが…。夏になったころから、一日に4時間も6時間も野焼きをするのです。その煙が私たちのところに直撃するのでした。遺伝子組み換え作物やら農薬散布した作物をどんどん燃やされます。あまりにも連日続くので、保健所に相談しましたが…保健所の言うことも聞いてもらえませんでした。


結局、野焼きの件で自然農は断念するほかなかったのですが…。







|遺伝子組作物




アメリカなどでは、莫大な補助金をだして「遺伝子組み換え作物」を推進した結果、ほとんどの作物が遺伝子組み換え作物になってしまったそうです。モンサント社は、かなり前から日本にあります。…今年農水省も本格的に法律を作って日本の作物を「遺伝子組み換え作物」に切り替える計画のようです。アメリカで農家の人に莫大な補助金が出たということですから、日本の農水省にはどのくらいのお金が入ったのでしょう?また、これから借金まみれの農家の人たちにどれだけの補助金が出るのでしょうか?


農家の人が自然農を見て、お金がかからない方法だと感心せずに…補助金に目がくらみ、最先端の農法と技術を持っていることに誇りを持って…自然農を馬鹿にし邁進する姿に唖然としてしまいました。


これからの日本も、アメリカと同じようになってしまうのでしょうか?







|お勧め動画




■↓遺伝子組み換えに詳しい動画
 (1)
http://www.nicotwitter.com/watch/sm1030475(2)




=====================================
下にCMが表示されることがありますが、このブログと関係ありません。






 

スポンサーサイト

  • by スポンサードリンク
  • 2017.09.23 Saturday
  • -
  • 08:30
  • -
  • -
  • -
  • -

この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

アナライズ

プロフィール

書いた記事数:243 最後に更新した日:2017/09/17

最近の記事

カテゴリー

archives

カウンター

recent trackback

  • 20年もの間、合成洗剤の危険性を訴え続けた人がいました
    飛んで

ブログ内検索

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM