【 神の粒子(ヒッグス粒子)の研究 】 (素人の素朴な意見)




|ヒッグス粒子




ヒッグス粒子とは


 2013年10月08日 (火) NHK「かぶん」ブログより転載


ヒッグス粒子は、宇宙空間すべてを満たしている素粒子として、1964年にイギリスの物理学者ピーター・ヒッグス氏や、ベルギーの物理学者フランソワ・アングレール氏らが存在を予言しました。
 

もし、ヒッグス粒子が存在しなければ、私たちを含め、宇宙を構成するすべてのものが生まれないことになるため、「神の粒子」とも呼ばれています。
 

ヒッグス粒子が担っている最も大きな役割は、宇宙のすべての物質に「質量」、つまり「重さ」を与えることです。



およそ138億年前、宇宙が誕生したビッグバンの大爆発によって生み出された大量の素粒子は、当初、質量が無かったため、高速で自由に飛び回っていました。


ところが、その後、ヒッグス粒子が宇宙空間をぎっしりと満たしたため、素粒子はヒッグス粒子とぶつかることで次第に動きが鈍くなり、物質が構成されていったというわけです。


ヒッグス粒子にぶつかることで動きが鈍くなる、この「動きにくさ」が、物質の質量そのものだと考えられています。

ヒッグス粒子は私たちの身の回りも含め、どこにでも存在していると考えられていますが、見つけ出すのは簡単ではありませんでした。


私たちの宇宙は、1960年代以降まとめられた現代物理学の標準理論で、17の素粒子から成り立っていると予言されました。


このうち、物質を形づくる「クォーク」や「レプトン」など16については、20世紀のうちに存在が確認されましたが、最後の1つ、ヒッグス粒子だけが今世紀になっても見つかっていませんでした。


その理由は、ヒッグス粒子は非常に小さく、空間にぎっしりと密集しているため、見つけ出すには、宇宙が生まれたときと同じような大きなエネルギーを使って空間から取り出す必要があったからです。



このため、CERN=ヨーロッパ合同原子核研究機関は1周が27キロある巨大な「加速器」と呼ばれる実験装置を建設し、人類史上、最大のエネルギーで、原子を構成する陽子どうしを衝突させ、宇宙の誕生直後を再現する実験を5年前に始めました。


衝突させる陽子は光と同じぐらいの速さまで加速して、生まれた無数の粒子の中に、ヒッグス粒子が無いか探しました。


その結果、日米欧などの国際的な研究グループは、去年7月、新しい粒子を発見し、その後、ヒッグス粒子であることが分かりました。


この発見によって現代物理学の標準理論が予言した17の素粒子がすべて発見されたことになり、今後、ヒッグス粒子の性質を詳しく調べることで、宇宙の成り立ちの解明につながる研究がより一層、進展すると期待されています。

 
 


 NHK科学文化部のブログ『NHK「かぶん」ブログ』から転載


 


まとめると‥


.劵奪哀肯鎧劼ないと宇宙を構成するものが生まれない。

▲劵奪哀肯鎧劼蓮∩瓦討里發里暴鼎機兵僧漫砲鰺燭┐討い襦つまり、ビッグバーン直後重さの無い大量の素粒子は、高速で動きまわった。それにより、ヒッグス粒子とぶつかり、質量を得た物質ができた。

私たちの宇宙は17の素粒子からできている。最後に見つかった素粒子がヒッグス粒子。

ぅ劵奪哀肯鎧劼なかなか見つけられな方理由は、小さすぎ空間にぎっしり密集していた。

ゥ茵璽蹈奪僂任蓮巨大な加速器を作り、宇宙誕生直後を再現しようとしている。







|宇宙は17の素粒子




境界線のない世界(=自然)

人がこの世界に名前をつけなければ‥数で宇宙が成り立っていると考えなかったでしょう。なぜなら‥自然は無限だからです。無限というといつまでも続く永遠と考えてしまいそうですが‥。わたしが言う無限とは、文字通り「限りがない」ということです。つまり、自然には境界線がないということです。


小さいころから文字や数字に囲まれて生活してきた私たちには、このことがなかなか分からないのですが‥。


たとえば、「わたし」ですが‥。どこからどこまでが私ですか?外側の皮膚までですか?でも‥わたしの外側の皮膚は常にわたしの体から落ちていき、新たな皮膚に入れ替わっています。だったら、わたしは‥いったいどこからどこまでなのでしょう?つまり、私自身も自然であり‥本来は言葉で表せないものであるわけです。

全てが‥繋がっていて‥区切ることができない。それが自然だと思うのです。




五大栄養素


五大栄養素とは、「窒素、リン酸、カリウム、カルシウム、マグネシウム」の事なのですが‥自然はたった5つの栄養からはできていません。しかし、最低限この5つさえあれば‥植物等が育つということで‥生きものにより様々な栄養で満たされていた大地が、五大栄養素だけが入った肥料が作られ‥それにより、バランスの悪い植物が生まれているのです。



17の素粒子


この自然の世界は数字や文字で割り切れるものではありません。なのに宇宙がこれら17の素粒子から成り立っているという説をたててそれがさも真実であるかのように‥「定説」になってしまうと、五大栄養素と同じように‥17の素粒子でできた世界が新たに作られてしまうのではないでしょうか?サプリメントもそうです。無限の栄養から‥たった数種類の栄養。それをCMでは30種類もの栄養をギュッと詰め込んだ一粒などというのですから。驚きです。研究者がいなければ‥こんなサプリメントなんかなかったのに‥。






|神との共通点




興味深いのは、素粒子と神との共通点です。


〔椶妨えない。
光。(神は光であると聖書にある)
ことばや数字に置き換えられる。
し箚屬鯆未蠅未韻襦(12弟子たちが鍵をかけている部屋にキリストが壁を通りぬけ入ってきた)
ゼ僧未ない。(肉体のまま昇天した。)


文明そのものの正体が、この特別な「光」であり、この光が…新たな世界を作ろうとしていたら?
私たちは、いつしか‥自然本来を失い‥。つまり、大地も海も川も‥そこにいる生きものも、そして‥地球も失っていくのではないでしょうか?


事実、私たちの身の回りの生きものを見ていると、遺伝子が組み換えられ‥子孫を残せない生きものにされ‥命の循環が途絶えてしまいそうです。
文明が作り出す世の中の真実が‥そこにあるような気がします。近い将来‥私たちの体は‥肉体の無い‥素粒子のようなものに置き換えられていないでしょうか?とても不安ですね。


聖書には、再びキリストが来ると予言されています。それも肉体を伴って‥。つまり‥見えないもの(神である素粒子)が質量を持ち、質量を持っていた生きものたちがイメージだけの存在にさせられてしまうのではないでしょうか?多くの人は「まさか!」と思うでしょうが‥。知らないうちに研究者はこのようなお手伝いをさせられているかもしれません。







|只今




「只今(ただいま)。」とは今がタダ。つまり、今という時間がタダ。お金がかからない時間。良いですね。
歩いて数カ月かかる場所へ移動するのに新幹線を使えば数時間で行ってしまいます。
しかし、そこへ行くのに多額のお金が必要です。
だれも、その乗り物にタダでは乗せてくれません。
つまり、私たちが乗り物に乗ってどこかへ行くと言うことは、未来へ行く時間を買っているのと同じなのです。


また、どんなに頑張っても、過ぎた時間を取り戻すことができません。
しかし、ノートや鉛筆があれば‥過ぎだ時間にイメージだけでも戻ることができます。
それを確かなものにしたのが、写真だったり、録音だったり、ビデオカメラだったりするわけです。


20年前のわたしの映像を見ることで、わたしは20年前の過去に行くことができました。
ビデオカメラをお金で買うことで‥。


こうやって、私たちはお金をだせば‥過去や未来へ行くことができるわけですが‥そうなればなるほど‥私たちは本当の今‥お金のかからない今を失っているような気がしてなりません。文明にはタダは価値がないというイメージがありますが‥タダがたとえ無価値でも、それが本来のしぜんであるなら‥価値があったと言えるのではないでしょうか。


自然には、過去や現実や未来といった言葉での区切りはありません。だから、自然はすべて一つです。あえて言うなら「今」しかないわけです。だから‥文字や言葉で、わざわざ‥過去を振り返ったり、未来を考えたりしないわけです。する必要がないのですから。生きものは衣食住のなかで‥必要な記憶を取り出せたらそれで十分なわけです。


だとしたら‥ヒッグス粒子で‥過去の宇宙のことについて研究するのは‥無駄なことであり、無意味なことではありませんか!


つまり、研究者がこんな無意味な研究に没頭するのは、タダではないからです。過去や未来のことを考え研究するとお金がもらえるからです。ことばで、自然の世界にたくさん区切りをつけて‥研究するとお金がもらえるからです。文明はこのようにして‥自然を破壊に導いているのだと思います。







|お勧めリンク




↓ヒッグス粒子 研究成果発表へ
http://www.nichan.jp/archives/1289286.html



↓ヨハネの福音書一章を参考
http://jinseiokaeruhiketsu.com/gojohn/gospel1.html





==================================
下記にCMが表示されることがありますが、わたしのブログと関係ありません。

 



 


1

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

アナライズ

プロフィール

書いた記事数:244 最後に更新した日:2018/05/17

最近の記事

カテゴリー

archives

カウンター

recent trackback

  • 20年もの間、合成洗剤の危険性を訴え続けた人がいました
    飛んで

ブログ内検索

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM