「健康ノート」を作ろう





|健康ノート作成




「な〜んだ。ノート作るだけか!」って思うでしょう?しかし、これが…のちのちすごい力を発揮します。


・あの時どんな状態だったか。

・あの時どう対処したか。
・たとえば…どの化学物質を暴露した時どんな状態になるか


色々なことが分かってくるんです。


人は症状がなくなると‥過去のことを忘れやすい
。また、人の意見に惑わされやすい。だから、貴重なノートになる。だれに相談するより役に立つわけです。わたしは、自分の体調を人に相談しません。医師にさえ。ノートをどんどんとっていきます。そうすれば分かってくるんです。本当に‥。自分の分だけでなく、夫や子どもたちが病気になったら…ノートに記録します。本当に勉強になりますよ。







|健康記録ノート




■わたしの健康ノート


2006年に「デトックスノート」と命名したノートを作成。
それによると、その年の10月から洗剤を止めている。
それと同時に「精製塩」から皇帝塩(商品名)に変更。
そして、無農薬のコメ、野菜を食べるようになった。と記されている。
体調なども克明に記され今との違いが良く分かる。






|8年前のノート  (2012年現在) 




だらだらと書きましたが参考までに…


2月7日(水)
半身浴の効果が少しずつでている。
ミネラルの多い塩は、必需品。
来年の今頃を楽しみに頑張ろう。


2月9日(金)
半身浴の後は、すごく気持ちいいが、次の日は元に戻るといった日が続いている。



2月13日(火)
首のこわばりが楽になった。
目が良く見えるようになる
頭痛も軽減
デトックスの後漢方薬を飲む。



2月16日(金)
11:40〜16:40 半身浴26日目
少しずつ効果あり。



2月22日(木)
半身浴3時間。
頭痛は改善。
今は首から下が痛い。
痛い部分が減ってきているので前進している気がする。
毎日の半身浴頑張ろう。



2月26日(月)
10日程前から歯茎から出血。デトックスはミネラルとビタミンを多量に消費するためかもしれない。
しばらくデトックスを休む事にする。



3月4日(日)
レモンを4日前から絞って飲んでいる。
歯茎の出血はなくなった。
デトックスは一進一退。
気長に頑張るしかない。
首のこわばりは良くなった。



3月6日(木)
灯油の臭いが気になる。(近所)
喉が痛くて声が出ない。
デトックス休み。



3月10日(土)
夜間、咳で眠れなかった。
デトックスは、ミネラルとビタミンを多量に消費するので毎日するのは良くない事が分かった。週2回ぐらいが適当かも‥。



3月14日(水)
喉がまだ痛い。
レンコンをすったのをお湯に入れて飲む。



3月15日(木)
レンコンが効いてきた。



7月4日〜遠出
バス‥少し変な臭いがしたが、まだ大丈夫。
電車‥消毒の臭いが少し気になる
船‥ペンキの臭いが少し気になる
訪問先‥トイレの芳香剤の臭いが耐えがたい、タンスからナフタリンの臭い、洗剤の臭い。
頭がクラクラ、ボーっとする、不整脈、イライラ、息苦しい‥移動より、人の住む室内が一番危険だと分かった。

8月3日(金) (7月20日から農薬散布が始まる。8月12日まで)
目がチカチカして窓を開けられなくなる。

息子が軟質プラスチック製の扇風機を買ってくる。組み立てを手伝っている間に目がチカチカ。扇風機に触った手で顔や首を触ると‥そこが真っ赤に。ミミズ腫れ。農薬散布時以外の時期にこんな風になった事がないので‥本当に怖い。



8月10日
心臓が止まりそうな不整脈



8月11日
空気が目や皮膚をチクチクさしてくる。
まるで「死ね。死ね。」と目に見えないメッセージで‥
まだ、上まぶたが腫れている。
呼吸、重苦しい。2時間半身浴。かなりすっきりする。



8月18日
目が痛い。
頭痛が酷い。
首が痛い。
2時間半身浴。
お風呂から出て、10分ほど倒れたまま動けなくなる。死ぬかと思った。



8月20日
顔はまだむくんでいる。
肌は微妙にザラザラ。
空気はかなり優しくなった。農薬怖い!!!







|過去の健康ノート




■過去の健康ノートを見て思った事


.痢璽箸鬚弔韻討い燭ら原因がはっきり分かった。
原因がはっきり分かったから、原因を避けた。
私の場合は‥農薬・合成洗剤などの化学物質だった。



原因を避けたら、どんどん体調が良くなった。



皆さんも、本当の原因を知り本当の対処ができるように是非健康ノートをつけてみてください。






===============================
下にCMが表示される場合がありますが、このブログと関係ありません。






な〜んにもいらない食器洗い





|浸け置き洗い




多くの人は、水に何かを添加しないと洗えないと思っています…。洗剤などのCMのせいかもしれません。実際水だけで洗ってみれば…十分に汚れが落ちることが分かります。たぶん…今までの習慣がその事実を曇らせているように思います。自然の世界を見れば、石鹸や洗剤を使う生き物はいません。それでいて自然は美しいのです。むしろ、人間が意図的に作った洗剤などを加える事で自然が破壊されているように思います。


現在私たちが使う水は、塩素が添加されています。そこに住める微生物はほとんどいません。生き物を殺すために入れられているのですから当然と言えば当然…。たとえ洗剤を使うのを止めても、塩素が添加されている水に手をつけて洗うことは、肌にとって負担となる…。だから、わたしは微生物がたくさん生きる命の水で洗おうと考えたのです。






|生活習慣を変える




環境と自分の健康の為には、自分を囲む不自然な環境を変えることが大切です。それから…自然に沿った洗い方に近付けていくことが大切です。



まず変えることは次の3つ

 



,任る限り化学物質を使わない


芳香剤、除菌剤、殺虫剤、芳香剤、香水。洗剤。などを使わないようにする。すると、家の中の空気の中にバランスのいい菌が息づく。



発酵食品を食べる


キムチ、塩麹、などの発酵食品を食事に取り入れる。そうすれば、体にも部屋にも…体にいい菌がどんどん増えていく。



水道水を使わない


食器洗いの水は、浄水された水を使おう。お勧め浄水器は、活性炭を使った置き型タイプのもの。井戸水を使っている人は、羨ましいですね。塩素が含まれていませんから‥。


 







|浸方法




桶に水をため、それにお皿やお茶碗を付け置き。始めの頃は数時間。だんだん発酵が早くなる。だから、5分から1時間で洗える。私は、食事の準備のときまで浸けておいて洗っている。ここまでつけるとこする必要さえないとことも(夏は発酵が早くなるので早めに洗う事をお勧め)



↓こんな感じで浸け置きしています。
お茶碗浸け置き


この発酵水に手を入れていると‥本当に気持ちいいです。いつまでも浸けておきたい感じです。命の詰まった水は命に優しいって感じですね。


コツは、油料理でない限りは、お味噌や醤油やご飯粒がついたまま、洗い桶に浸けることです。なぜなら、それが菌の食べ物になるからです。食べ物がたくさんあるから…どんどん菌が増える…。


洗剤も石鹸も何にも要らない。
亀の子たわしと水があればきれいに


どうしてか分からないけど水切れがよく、乾燥が早い。
だからふきんで茶碗を拭く手間がない。もし、拭くにしても滴る水滴を少しだけ







|洗い方のコツ




コツは、洗い桶にためた水で、野菜を洗ったりしても水を捨てないでそのまま茶碗を付けておくことです。茶碗についたご飯粒やおかずは、菌の食べ物です。そのままつけておきましょう。すると、菌が増えてきて、増えた菌が、茶碗についた食べ物を食べて、汚れをはがしてくれるんです。


だから、亀の子たわしでやさしくこすって‥
少量の水で洗い流すだけ。びっくりするほど、きれいになります。江戸時代。石鹸さえ使われてなかったんですよ。石鹸も洗剤も庶民が使うようになったのはつい最近のこと。機械油を落とすために石鹸や合成洗剤が出来たとも言われています






|油汚れは?










|亀の子たわしの勧め








たわし






|菌が住める環境




シャボン玉石鹸KKの社長さんも言っていました。菌が住めるような環境になれば、洗剤なんかを使わなくてもよく汚れが落ちるようになると。忙しい人は、米のとぎ汁発酵液を作ることもできないでしょうからぜひ実践してみてください。


わたしは、米のとぎ汁発酵液を沢山作りました。でも、茶碗洗いに使うはもったいなくてなかなか使えません。風邪ひいたりした時があれば使う予定です。あと放射能対策とかで。だから大事に取っています。







|お勧め動画




菌を敵にしている方いませんか?菌がいなかったら私たちは、セルロースを消化できないし、ビタミンも合成できないんですよ。免疫も腸内細菌が関わっています。菌は敵ではなく、自分そのものって感じです。ですから、菌だらけの桶で茶碗を洗うの気持ち悪いって言わないでくださいね。以下の動画是非見てください。
 


↓腸内環境と腸内細菌の役割 藤田紘一郎医学博士







|お勧めブログ




江戸時代以前の海や川が美しかったことを思い出しましょう!
30年ぶりによみがえったサンゴ(合成洗剤を流さなかっただけで)」三宅島で実際起こった出来事 →
http://ilikeeveryone.jugem.jp/?eid=177





=========================================
下にCMが表示される場合がありますが、このブログと関係ありません。

 

 




 


自然農: 虫がついても何の影響も受けない不思議な畑





 

|不思議な畑





かつて、自然農をしたことがあります。


始めは、地域でしている家庭菜園を借りてうちのだけ草ぼうぼうで「ちょっと恥ずかしい」感じでしたが、虫がついても何の影響も受けなかったという不思議な畑でした。


周りの畑の白菜やキャベツには夜盗虫がついて葉っぱがレースみたいになっていた時も家の野菜は無事で…これでよかったんだって思いました。





↓家庭菜園:草の中にキャベツとかブロッコリーとか人参とか…

畑





↓家庭菜園:家の畑だけその辺の原っぱみたい
草ぼうぼうの畑


次に借りたのがなんと一反もある畑でした。細長い畑で横幅は10メートルぐらいなのに縦の長さは100メートル近くあり、端まで行くのが大変なぐらい大きな畑でした。





↓一反の畑 細長い畑です

一反の畑





↓オクラ  こんなに大きな葉っぱ
オクラ





↓イヌビユ
いぬゆび





↓ハクサイ 
白菜







|大雑把な畑





家族で種を混ぜた粘土団子をコネコネして楽しく作り、それを花さかじいさんみたいに粘土団子をばら蒔いてなんか「大雑把」なところがすごく楽しかったです。(ところどころきちんと植えたところも若干。でも雑草でそれも分からない。)


そして、畑に行くと雑草に交じってあちこちに野菜の芽がでていてもう感動しました。粘土団子から芽が出た〜♪”って感じで。





↓粘土団子から芽が出た〜

粘土団子



普通の畑だったらきれいに並んでいるから、野菜を踏まないようにって気をつけるんだけどなんせどこにあるのか分からないので、知らないで踏んづけたりしていたりそんな「気遣いのない世界」がよかった。




芽のでた野菜たちが少しずつ大きくなって、収穫しようとしても、雑草に隠れていて見つけにくい。(雑草は一週間に1〜2回、上の方だけ草刈りしていました自然農法という名の不自然なのですが


だから、大根は、あっちもこっちもトウ立ちして花が美しく咲いていました。「だいこんの花ってこんな花なんだ」とか、「ホウレンソウってギシギシみたいにデカく硬くなるんだ」とかお店で見る姿形の違う野菜に興味津々でした。


 



 

|不効率な畑




手を加えないほど自然は素晴らしく楽しい



毎日畑に行くと「はくさいみっけ」とか、「キャベツまるくなってるのみっけ」とか言ってはしゃいでいました。一目瞭然の畑は、つまらないけどこのはたけどこになにがあるかわからないから 楽しいきれいに野菜がならんだ畑は、持ち主が一つ残さず全てをかっさらっていきますが、ここは、ほとんどが取り残し


虫も鳥も根こそぎ持っていけない。「不効率な世界」
。これが自然じゃないかな〜。


キジは、いつもオスとメスでうちのはたけの端っこにいます。
たまに畑の草むらでご対面したこともあります。
ヒバリは空をにぎやかに飛んでいて、ちょうちょうもうちの畑にだけいて不思議な空間でした。


一反もあるので、こんな効率の悪い畑なのに食べきれないほど取れたので
こんなんでいいんだ
どこかに売って食べるってことでなければ


わたしは、毎日はたけの野菜を団子虫やミミズやアブラムシやカメムシそして鳥たちと一緒に食べてるって感じでした。うちの畑では、雑草も野菜も一緒に育っているからみんな家族、一つって感じでした。


やさい=たべもの。虫、鳥=敵。人間=生産者、消費者。って思ってたけど自然は違うんだってことがすごく分かった畑でした。


地域の農薬の空中散布で体調を壊して、仕方なく畑を手放すことになってしまいました。でも、わかりました。人が手を加えないほど、自然は素晴らしく楽しいってことが。


 




|お勧め動画




(私自身かつて自然農をしていたのですが‥)自然農をしている畑にいると、通りすがりの人が…野菜を植えてるって知らないから…野菜を踏みつけながら私のところにやってくるんです。この畑では、そんなことがあっても…どうってことないんですが。雑草並みに逞しい野菜たち。


それで…その人に、「ここ畑です…。」っていうと「へーっ!!」って驚くんです。これから畑にするのかって思っていたみたいで…。こんな畑でも、ちゃんと野菜が採れる…。自然って本当に不思議ですね。





↓「楽しい綿とり」








 
↓地球少女アルジュナ前篇 





 


↓粘土団子を撒いた農園 




人間が生産しているんじゃない。自然が作っているんだ…。(福岡正信)

 




 

|追加




生き物は、形がいいとか、他の生き物が食べた後だとか‥そんなのこだわらない。だから命がうまく循環している。


でも国とJAで作った規格野菜の基準に合わない野菜(規格外野菜)はどうなる?
他の生き物の食べ物にすることもなく‥土に埋めてしまうのです。
命ある土なるためには、さまざまな命ある生き物がそれぞれ食べていってこそ。


これではどんどん土から命の力が奪われていく‥

 
 

参)規格外野菜のゆくへ:規格外野菜のほとんどが店頭に並ぶことなく廃棄処分されており(一部はカット野菜や加工食品として流通)その廃棄率は生産量の約4割にも達するという:http://allabout.co.jp/gm/gc/68082/ 
 

虫が食って穴が開いているもの、土で汚れているもの‥それでもいいよね。
農薬や肥料が付いていない野菜のほうがずっといいに決まってる。


いつか所有がなくなって、売り買いがなくなって、支配者がなくなって、自由に何処からでもとって食べれる世界になればいいな〜。有史以前はそんな世界だった‥

 



 

======================================
下にCMが表示されることがありますが、このブログと関係ありません。



 


熱中症で病院へ





|暑い部屋




今日は珍しく、夫が朝から洗濯をし、床の拭き掃除と頑張っていました。夫は、パンとコーヒーという軽い朝食を済ませ、ほとんど水分を取らないまま家事に夢中になっていたようです。わたしは朝からお風呂で半身浴(デトックス)をして十時ごろ終わり。その後、ダイニングテーブルの椅子に腰をかけ、しばらく夫と話をしていました。



夫は、何をしていたかと言うと昼食のおかずを作っていました。私は、その30分ぐらい前にご飯を炊いていたので、部屋の温度は相当高かったと思います。








|めまいを訴える




11時半ごろ、夫はめまいを訴えソファーに横になりました。顔は血の気が引いていかにも調子が悪そうでした。それから、冷や汗が首のまわりにドッと出ていました。夫は、朝コーヒーを飲んだ後ほとんど水けのものを取っておらず、また部屋の温度もかなり高かったので、熱中症を疑いました。



それから少し様子を見て、クーラーのある部屋に夫を移動し、腋とそけい部にアイスノンを入れうちわであおいでいました。ときどき塩水を少しずつ与えました。少しずつ回復してきたので良かったと思ったのですがトイレに立って帰ってくると、まためまいが起こり顔面蒼白になってきました。また、左足がつって痛いと言うので少し土ふまずのところをさすりました。すると、楽になったとのことでした。








|救急搬送




午後2時半ごろになりました。回復してきたらタクシーで病院へ行こうと思ったのですが、ほとんど改善されないままだったので家族で話し合った結果、救急車を呼ぶ事にしました。



すぐに救急車が到着し、バイタルサインのチェックをして担架でかかりつけのクリニックへ運んでくれました。そして、点滴を1時間ぐらいかけてやっと顔色も よくなり、帰りは歩けるようになり、タクシーで帰る事が出来ました。




(救急車に乗るときサンダルを持っていっていなかったので、クリニックの近くのお店でサンダルと買いました。サンダルの事まで頭が回りませんでした。)



家へ帰ってから、夫は水分補給を意識的に行っていました。








|体験して分かった事




主人の熱中症を体験して‥

わたしなりに「熱中症について」分析してみました‥


 





    熱中症  




 1.部屋の気温が上がる

      

 
2.続いて体温が上がる

     

 3.汗をかけないため体温が上がり続ける

  

  (水分とミネラル不足により)


     

 4.血液が濃くなり


 ネバネバした血液になる。


 同じく血液中の化学物質濃度も高くなる。


        ↓

 5.そして、高濃度の化学物質が


 血管を通り全身へ。



   

 6.めまいや呼吸困難など


 熱中症の症状が出てくる。





 




最近の熱中症が重症化するのは、血液中の化学物質(毒)の濃度が高くなること、同時にそれを排出するためのミネラル分と水分が不足していたのだと思います。



私は、汗をかくデトックスを数年続けていますが、水を飲んだだけでは汗をかくことができず、返って気分を悪くします。ですから、いつもミネラル分のおおい自然塩(私の場合「皇帝塩」)を、舐めつつ水をたっぷり飲みます。そうすることで汗と一緒に血液中の毒を出すことができます。



ですから、化学物質が部屋に充満していないことはもちろん大切ですが、気温が高くなって体内に蓄積された化学物質などが血液中に溶け込んだ場合、ミネラルと一緒に水分をたくさん取ることも大切です。そして、たくさんの汗をかいて、毒素を出し、同時に体の熱を下げることも大切です。







|熱中症対策




枠内の熱中症予防は、私が実践している内容です。

参考にしてください。

 





 
  熱中症予防  





 1.揮発性の高い化学物質の使用を避ける。




 2.部屋の気温を上げない。

 
 

 3.日頃から‥


 ミネラル分の多い自然塩と

 
 水分をたくさん摂取する




 4.暑くなったら自然と‥
 
 汗をかく体にしておく





 5.外出するときは、
 
 塩飴と水筒をもって出かける




 
 
塩が苦手と言う方は、無農薬の梅肉エキスを水に溶かして飲むと、たくさんの水分を補給できます。   



 






 

|乗り物や病院の空気





それから、救急車で病院へ付き添ったときの事ですが、救急車の中は、少し消毒の刺激がありました。また、隊員の着ている服から洗剤のきつい臭いがありました。私は、活性炭入りのマスクをしていたので何とか耐えることができました。



それから、クリニックの入り口を入った時、消毒液などの強い刺激を感じました。どうなるのだろうとマスクの上から手で押さえていました。しばらくして少し慣れたような感じにはなりましたが、リラックスできる感じではありませんでした。



また、クリニックから帰るときタクシーを使ったのですが、なんとタクシーの後部座席の後ろに芳香剤が置いてあって、マスクの上からタオルで押さえ何とか帰って来る事が出来ました。多分タクシーの運転手さんは、私が病院へ行って夫が付添だったと思ったに違いありません。


さっきまで、元気だった私ですがタクシーの中では、逆転してしまいました。タクシーなど、公共の乗り物には、芳香剤など使わないようお願いしたいと思います。家へ帰った私は、すぐに純石鹸(シャボン玉せっけん)で全身の化学物質を洗い流しました。








|優しい愛犬




(どうでもいい話ですが、うれしかったので記事に追加しました。)



このことで、とても感動したのはウチの愛犬です。顔面蒼白になった夫の横で、尻尾をたれてションポリした愛犬は、しばらくすると、夫の体に寄り添ってずっと一緒にいました。これには、とても驚きました。



普段、私が愛犬に寄り添うと暑いので嫌がるのです。でも、このときは、自分からそうしました。本当に、夫のことを心配しているのが伝わってきました。犬は話せないので、ときどき何を考えてるのかな〜と思うときもありますが、見せかけじゃなくて本当に優しいんだと思いました。





=====================================
下にCMが表示されることがありますが、このブログと関係ありません。








昔の人は知っていた!美しい海・美しい川を…





|再開したおじいさん




再び環境問題の話に加わってくれた


昨日の出来事です。久しぶりの晴天でとても暑い日でした。愛犬は、外に出れたことでとてもうれしそうでしたが、10分ほどで暑さのためダウンし公園までほとんど抱っこで行くことになりました。公園へついて犬に水を飲ませていると……先日、この公園で「川や海の汚れについて」語り合ったおじいさんに声をかけられました。


例のごとく、おじいさんに「少し話を聞いてほしいのですが」と言われいろいろと話をしました。


口蹄疫、植物や昆虫の生態、昔の川や海の様子、戦争、練兵場、地区の清掃作業そして、おじいさんの奥さんがとてもすばらしい人であることなど…。とても、有意義な時間でした。おじいさんは、85歳。奥さんは、結婚してから、話し方がずっと丁寧で変わらないそうです。とても優しく良い人だそうです。わたしは、人間的に何時まで経っても未熟なので、とても良い話を聞けたと思いました。







|マスクは必需品




マスクなしで呼吸がしたい


私は、おじいさんと話をしているとき、いつもマスクを外したりしないのに…昨日は、マスクを外して話をしました。私の声が小さいので、おじいさんに少しでも声が届くように配慮したためです。マスクを外した瞬間、少し嫌な臭いがしましたが…我慢しました。(排気ガスやおじいさんの服からする洗剤の臭いなど)


おじいさんと別れるときは、少し声が嗄れてきていました。でも、大丈夫みたいと…思ったのですが。夜中、喉の痛みで目が覚めました。自然塩をスプーン2杯ぐらい入れたコップに少しの水を入れ何度かうがいをしました。朝目が覚めると、喉の痛みは治っていたのですが、鼻詰まりと鼻水で悩まされました。生理食塩で鼻うがいをしてやっと、楽になりました。


素晴らしい出会い。体に負担なく会えたらもっと良かったと思いました。





=====================================
下にCMが表示される場合がありますが、このブログと関係ありません。

         





1

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

アナライズ

プロフィール

書いた記事数:244 最後に更新した日:2018/06/06

最近の記事

カテゴリー

archives

カウンター

recent trackback

  • 20年もの間、合成洗剤の危険性を訴え続けた人がいました
    飛んで

ブログ内検索

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM