ウンチだって生き物によっては美味しい発酵食品 (色んな菌が住みつく環境が大事)





|菌が住める環境




発酵食品に目覚めた日本人



文明が持ち込んだ、火。化学物質。放射能。‥これらは、細菌のバランスを乱しているという点で共通している。今回(3・11の原発事故にて)多くの人が…発酵食品に目覚めたのは、そのため。しかし、もし人が発酵食品を食べても、文明の持ち込んだものをそのままにし続けるなら‥、ざるで水を汲むくらい骨が折れるでしょう。


大切なこと。それは、調和した菌が体の外にも中にも住める環境にすること。そのうち家の中にも色んな菌が住みつくようになる。そして、家の外の空気にも色んな菌が調和して風に乗って漂うようになれば、素晴らしい環境だと言える。




 


「どうして火が菌のバランスを崩すの?」

って疑問を持った方へ



 
大地には酸化鉄しかありません。しかし、火はそれを還元させ鉄を作らせ、人々に自然に存在しなかった道具をもたらしたのです。たとえば、鋸、斧‥その延長に機械や乗り物をもたらし‥、さらなる延長に化学物質や放射能をもたらしたのです。つまり‥火は、自然を破壊に導く…文明の基礎と言えると思います。


 






|ウンチも発酵食品




ウンチが臭うのは、上手く発酵した印。菌が生きている証拠。それを汚ないと考えたのは人間の浅はかさ。限られた消化管と言う中から出てきたのだから臭って当たり前。森に放置して他の生き物に食べてもらえばいいものを‥汚ないと言って一か所に集めたのがいけなかった。


人は、ウンチを汚ないと思う。しかし、ウンチを喜んで食べる生き物がいる。だから‥人にとって汚ないものでも、他の生き物にとっては汚なくないことになる。だったら、汚ないと言われるウンチは、あくまでも人間中心に考えたイメージ。(ウンチを持ち帰られるのは、美味しい食事を奪われること)


人にとって、腐った物でも、他の生き物にとっては美味しい食べ物だったりする。だから‥人にとって、腐った物でも、他の生き物にとっては腐っていないことになる。だったら、腐敗菌と言われる菌は、あくまでも人間中心に考えたことばと言える。(それで、殺される菌はいい迷惑)



最近公園なんか、散歩すると犬とか猫の糞がそのまま放置されていたりします。飼い主が、取り忘れたのかもしれません。これは、問題かもしれませんが…。本当は、犬や猫の糞がそのままの形をいつまでも保ち続けているというこの世界が問題なのです。文明に沿って生きることが当然になっている私たちは‥この重大な問題に気がつきません。


春。


文明社会では、車の往来がけたたましいです。桜の木の下で、どんちゃん騒ぎしています。しかし、公園の一角に放置された動物の糞が‥ハエにも、団子虫にも、菌にも食べられず‥そのままあり続けるなんて‥。これこそ「
沈黙の春ではありませんか‥。



↓ウンチを食べる生き物がいないことが問題

うんち


花見のどんちゃん騒ぎや街の雑踏のなか‥静かに消えていく命に気づけない私たちです。






|お勧め動画




↓乳酸菌の多いキムチです。是非、手作りしてみてください。








|追加 2012.9




岩手県の陸前高田市に奇跡の一本松と言うのがありました。結局枯れてしまったのですが。これを1億5000万円かけて保存するという計画があります。ウンチがいつまでもあり続けることの不自然さ。また、枯れた奇跡の一本松を1億5000万円かけて保存するという不自然さ。ピラミッドのミイラのような…いつまでも形をとどめることがいいという考え。これこそ不自然であり、自然の命の循環を止めるもとではありませんか!!福岡正信さんが提案した、多種多様の種を入れた粘土団子。今こそ実践する時ではないでしょうか?



↓色んな種の入った粘土団子

粘土団子




死んだ一本松をそこに記念碑のように飾るよりも、たくさんの種類の木や草が生えて森ができたほうがずっといいと私は思います。粘土は安い。木や草(雑草)の種はタダ。ボランティアでやるとするなら…お金なんて全く要りません。それで、本当の命がよみがえるのですから…。


奇跡の一本松 サイボーグ化⇒ http://news020.blog13.fc2.com/blog-entry-2649.html




================================
下にCMが表示される場合がありますが、このブログと関係ありません。




 

減塩しなくていい塩! 





|なくてはならない塩




腎臓の悪い夫人に、かつてこう言われた事があります。「以前は塩は体に悪いから減らしなさい。って言われていたけど‥最近はね、塩を減らしたり止めたりしたら‥逆に腎臓を悪くするってことが分かったんだって…」と。かつて、私も減塩を実行してきていたので‥この婦人の何気ない一言はとても印象に残っています。


その後、農薬の空中散布で体調を崩した私が出会ったのが「皇帝塩」。この塩は‥スーパーなどで売られている精製塩と違って、海水をそのまま天日干ししただけの塩でミネラル豊富な塩です。だから減塩を気にせずに体が求める分食べて大丈夫な塩です。2006年から使い始めたこの塩…すばらしいの一言です。


では、以下は「皇帝塩」のホームページの記事を参考に「塩の素晴らしさ」についてまとめたので是非参考にしてください。



 



塩は命の源



生き物は、草を食べる虫がいて、虫を食べる鳥がいて、鳥を食べる動物もいて…。そして、死んだ動物や草を食べる虫や菌がいて土になります。動物も植物も虫や菌やウイルスも、命あるものはみんな生と死を繰り返しながら、大きく循環しています。


そうしてみると、生きものは全て土に還っていることが分かります。ですから、生き物は土の成分からなっています。そして雨水は土を通り抜け、いろんな養分を溶かし込んで、海へと運んでいきました。つまり、海水には、地球上の全ての成分が溶け込んでいるということになります。ですから塩は、地球上のすべての成分を含んでいるのです。


海水の中には約80種類の元素が含まれ、ウランや金なども微量ながら含まれており、コバルトや銅など人体に欠かすことの出来ないミネラルは全て含まれています。因みに、人体には70種類の元素が含まれています。海から作られ
自然塩と人間の体の元素組成を調べてみると、当然のことながらよく似ています。そもそも動物の体が塩分を含んでいるのは、よく知られた事実です。


人体の元素組成を見ると多い順に、酸素65%、炭素18%、水素10%、窒素3%で、ここまでで人体の96%を占めています。続いて順に、カルシウム、リン、イオウ、カリウム、ナトリウム、塩素、マグネシウム、鉄、亜鉛と13番目の元素までで、実に人体の99.3%を占めています。残りの0.7%に約60種類の元素が全部入っていることになります。このうち必須元素といって役目が解明されているのが22種類で、その他は殆ど分かっていないのが現状です。


しかしどんなに微量であっても、たとえ解明されていなくても、人体に必要なものは必要です。少しでも足りなければ、生命維持に支障をきたしてしまうはずです。そんな人体に必要なミネラルを、海から作った自然塩は全て持っているのです。ところが命の源ともいえる自然塩を、あろう事か私たち日本人は食べていません。私たちが日常食べているのは、塩化ナトリウムが99.6%以上の
化学塩です。精製された純度の高い塩で、ミネラルを含まない塩なのです。


これはもう塩とはいえません。電気をかけ、塩酸や硫酸を使い、苛性ソーダで中和されたいわば
石油の力で生み出された塩化ナトリウムという純粋な化合物に過ぎません。どうしてこんなことになってしまったのでしょうか?昭和47年に施行された塩田法のために、海から自由に塩を作ることが出来なくなってしまいました。


日本は戦後高度経済成長の中、工業が盛んになるに連れて塩の需要が高くなり、手間がかかりコストの高い自然塩(1000円〜2000円ぐらい/Kg)では、コストの安価な輸入塩に対抗できなくなり、イオン交換樹脂膜製法(上記)によって作られた塩化ナトリウム99.6%以上の化学塩に変えてしまったのです。この食塩は工業用としては適しているのですが、私たち人間が食用として使用すると健康を阻害する
欠陥塩でした。


お陰で健康はどんどん損なわれ、平成10年7月19日付の新聞に96年度の国民医療費は前年度比5.8%増の28兆5210億円となり、過去最高を更新したと発表されました(平成13年度国民医療費は、30.7兆円)。ようやく、
1997年に塩専売法が撤廃され自然塩の製造販売の自由化が認可され、旨い塩を食べ健康を取り戻すチャンスが巡ってきたのです。






自然塩の働き

 


塩は体内でナトリウムイオンに分解され、細胞の働きを活発にし、血液を浄化します。もし塩分が不足すると新陳代謝が衰え、食欲減退、筋肉が弱り、心臓、肝臓等の働きが衰え、無気力になります。塩分とミネラルの不足は、特に小さい成長盛りの子供たちに起こりやすいので注意が必要です。



■自然塩の持つ生命維持機能


新陳代謝の基本機能を受け持つ


新陳代謝のメカニズム:新陳代謝とは必要なものを取り入れて、不要なものを体外に出す」という生命維持の基本機能のことです。ですから塩は新陳代謝の基本機能を受け持ちますから、塩不足は新陳代謝障害を起こし、全身の細胞が衰弱し、全身的生理機能障害を起こします。



筋肉を動かす


便秘がちの人は、やや濃度の濃い塩水をコップ一杯飲めばたちまち通じが出ます。塩を摂ると腸の筋肉の動きを活発にさせ、体外に便を押し出すのです。頑固な便秘には塩と一緒に”繊維質”を摂ってやればよいでしょう。最も効果があるのは塩と玄米の組み合わせが一番良いようです。以上のように、塩・・・・つまりナトリウムには「筋肉を締める働き」があるのです。



Gを発生させる(石塚左玄理論)


私たちの身体は、気温が高かったり、激しい運動などで体温が上がりすぎると汗をかきます。それは発熱体である塩を体外に出して、体温を下げようとするからです。反対に気温が低くなると、血液中の水分を取り除いて塩分濃度を高めようとするのです。寒いとき、小便が近くなるというのはこの理由からです。それでも足りないと「震え」を起こし、熱を発生させます。それほどでもない場合は、手のひら、足の裏、そして腋の下などから水分を出して塩分濃度を高めてくれます。だから冷や汗には塩分は殆ど含まれていません。


減塩によって血中塩分濃度が不足すると、これらの自然治癒力の調節が出来なくなり、寒がりや、冷え性となる。低体温が続くとさまざまな病気を併発する。


生理不順、肩こり、頭痛、神経痛、リューマチ、腰痛、視力の衰え、などなど、ひどいものでは心不全、心筋梗塞、喘息などである。ですから充分な塩の摂取が必要なのです。




ぢ瞭眦杜の導電機能を持つ


人間の生理のコントロール中枢は、後頭部の脳幹です。 全身にくまなく張り巡らされた神経から、一年365日瞬時の休みも無く無数の情報が集まり、その情報を処理し、指令を与えています。これらは全て電気信号(電流)によって行なわれ、脳波というのは脳が働いているときに発する電流のことである。
 

この電流がスムーズに流れるためには体流中に塩分が充分にあることが条件です。皆さんは中学校で食塩電池の実験をしたときのことを思い出してください。塩分はよく電気を通したでしょう。減塩によって体液中の塩分濃度が不足していると電流が旨く流れないために情報伝達がうまくいかず、全身的な体調不良が起こります。それを無理に働かせようとすると脳幹に無理がかかり、頭痛を起こすのです。



ヂ瞭發陵害物質の解毒


塩の人体に対する浄化力は、自然塩浴だとよくわかります。この風呂に入ると塩の浸透力によって、新鮮な塩分が体内に浸透して人体に活力を与え、その脱水力は汚れた体液を体外に吸出するので風呂の水が汚れます(にごります)。特に慢性病で長年薬を飲み続けているひとは、その毒は身体中に回っており、何ヶ月も風呂水が汚れるくらいです。


身体の中に蓄積された農薬や化学物質などを含んだ食べ物を摂る事によって、体の健康を害し老化を早めます。これらの老廃物の殆どは酸性で、酸性の強いものほど毒性が強いのです。


※自然塩(アルカリ性)は、鉄の表面を酸化鉄ではなく二酸化鉄に変えるため、金属を殆ど傷めません。風呂釜のことについて安心してお試し下さい。







自然塩の効果



自然塩浴はすばらしい健康法です。人間の身体には、自然治癒力というすばらしい力が備わっています。石鹸を使用しなくても汗で身体の内外の汚れはきれいに落とせます。汗こそ自然から賜ったすばらしい天然の洗浄剤であり、塩はその汗の出を良くする強力な助っ人なのです。


■茶さじ2杯分の塩で全身を洗う


1.シャワーで身体をぬらして、方から下へと洗ってゆきます。特におなかまわりの脂肪が気になる方は、塩を丹念に腹部に塗りこんでください。この際もきれいに洗うことを忘れないで下さい。


2.足の裏まで塗りこんだらすぐに湯を浴び、皮膚に残った塩とにじみ出た汗・身体の脂肪をさっと洗い流します。


3.最後に冷水を浴びて、入浴を完了します。冷水には皮膚を引き締める効果があるほかに、次々とにじみ出てくる身体の脂肪を凝固させて皮膚膜を作り、寒冷に対する皮膚の対応をスムーズにさせます。



■効果は‥


このように自然塩浴と冷水浴を並行し続けていると、肌は次第に薄くやわらかくなり、張りが出て若々しくなっていきます。また風呂に入らなくても自然塩を用いた手足温浴には、手足の冷えをはじめ首や肩のこり、筋肉痛、関節炎、慢性腰痛、リューマチ、常習性の便秘、下痢、風邪の予防などに幅広い効果があります。また湿疹、荒れ肌、魚の目、たこ、アトピー性皮膚炎といった皮膚症状の改善にも役立ちますし、傷やただれがあるときはその治りを速める効果も期待できます。


なぜ手足だけの温浴でこうした全身的な作用が得られるかというと、温めるのは手足だけでも、全身の血行と代謝(体内での物質の入れ替わり)が促されるからです。実際にやると分かりますが、手足温浴をすると全身にかなり汗をかきます。普通のお湯でもそうですが、自然塩中のミネラルなどによって血行と代謝はいっそう活発になり、皮膚を引き締める作用も発揮されます。


これが、身体の具合の悪いところに選択的に働き、症状の改善や解消に役立つのです。手足には多くのつぼが集まっているため、一種の反作用も生じるものと考えられます。

 
 








|自然塩使った感想




わたしは、自然塩を2006年10月から使い始めました。それまでは食卓塩をつかっていて…それで一日5g以下にと気をつけていました。現在は、減塩をする必要がないので…楽です。農薬の後遺症で高血圧になりましたが…塩が関係ないことが分かりました。


汗をかきデトックスする中で血圧も安定してきたからです。もし、人が自然に沿って生きているなら、お米や野菜や果物でも十分ミネラルが取れて、わざわざ塩を取る必要さえなかったでしょうが…農薬や肥料に頼った農業をする現在、土に命の力がありません…。残念ながら…どうしてもミネラルを外から補わなければいけないようです。


わたしは、この塩をすべての料理に使い、ご飯を炊く時にも小さじ2杯ほど入れ、お風呂に入るときも一つまみの塩を入れています。(塩素がきつい水道の場合、お風呂にビタミンCも入れてください)自然塩という、定義がはっきりしているわけではありませんが…
海水を自然に乾燥させて数年熟成させたものがよいそうです。


その点でこの皇帝塩はいいかもしれません。皇帝塩は中国産ですが化学物質が含まれていないか検査をしているので安心かもしれません。この塩は数年熟成しているためにがりがないそうです。その点も安心かと…。


あと、日本のものだと「小笠原の自然塩」がいいかと思います。作り方は、皇帝塩と違ってお釜を使っているようです。しかし、周囲約1000劼紡舂Δない点安心できると思います。ミネラルも豊富に含まれています。あと、沖縄とかがいいかもしれません。とにかく、よく調べて納得のいく塩を食べて、塩風呂でデトックスしてください。





=====================================
下にCMが表示されることがありますが、このブログと関係ありません。





湿疹ができたら 「塩」を思い出せ!






|化学物質湿疹




生活の中から洗剤やシャンプーリンス、芳香剤などを処分して以来、湿疹ができたことがなかった。しかし、こちらへ引っ越してきて手に主婦湿疹ができてなかなか治らない。トイレの環境は良くなって、体にできた湿疹はすぐに治ったのに


何が原因か?一番疑われる原因は、洗濯のときに使われる塩素入り水道水。洗濯ものを干すときに塩素が手に付くのが原因だと









|湿疹たら自然塩




湿疹が出て…痒みが出て…その時思い出したのが「塩」。もちろん、自然塩です。塩は、火を通していない天日干しのもの。これを水に溶かして、手の指をマッサージしました。そして、ひどいところには、バンドエードの布の部分に塩水を浸みこませたものを貼って様子を見ました。すると、かゆみが止まり、ほとんど治ってしまいました。手から入った毒が抜けたようです。


湿疹ができたら、自然塩を思い出したください。
そして、塩で化学物質を除去することを



体にできた時は、ぜひ、塩風呂にして入ってください。(お風呂に自然塩10〜20g)
あせもにもいいですよ。水道水を使う場合は、ビタミンcの粉を1gお風呂に入れて、塩素を中和します。これで安心です。








|海水は癒し




■海が近い人は、時間を忘れて海の潮に浸かって遊ぶ


もっといいのは、海に入ることです。子どもの頃は気づきませんでしたが‥遊びながらデトックスしていたんですね。楽しみながら自然とデトックスできる…良いですね。だから…私たちは、海を化学物質や放射能で私たちを癒してくれる海を汚したくないですね。








|デトックスをしよう




何よりも、原因である化学物質を処分してください。(合成洗剤、シャンプー、リンス、芳香剤、塩素入り水道水など)
△修靴董崋然塩」で作った塩水で毒だし。







|お勧めの自然塩




■わたしの勧めるお塩

↓皇帝塩 無料サンプル申し込み
http://www.1sio.jp/products/detail.php?product_id=32








|塩の意外な使い方




以下を読んで参考にしてください。きっとお役に立つと思います。
http://labaq.com/archives/50937033.html







=====================================
下にCMが表示されることがありますが、このブログと関係ありません。



 


1

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

アナライズ

プロフィール

書いた記事数:245 最後に更新した日:2018/09/10

最近の記事

カテゴリー

archives

カウンター

recent trackback

  • 20年もの間、合成洗剤の危険性を訴え続けた人がいました
    飛んで

ブログ内検索

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM